一人暮らしのおすすめポケットwifi生活│格安インターネット2019

一人暮らし実践者がおすすめするポケットwifiの選び方

wifiの専門用語

【ギガ不足対策】モバイルデータ通信をオフ設定!7つのアプリ/一人暮らしにおすすめwifi

投稿日:

本サイトは、一人暮らしにおすすめなwifiを、現在一人暮らし実践中の私が、様々な角度で紹介しています。

一人暮らしであるあなたのwifi選びに、是非ご参考いただけると嬉しいです。

あなたが、この記事に訪れたということは・・・、

もしかして、ギガ不足でお悩みですか?

そこで、この記事ではスマホのモバイルデータ通信設定(アプリのオフ)を利用して、少しでもギガ不足にならないための設定方法をご紹介します。

この記事を参考にすることで、スマホの通信量を効率よく使い、快適なwifi生活を過ごすことができるでしょう。

おすすめ

「一人暮らしにおすすめのポケットwifiランキング2019年(下半期)」を一人暮らし実践者の私がご紹介します。多種多様なポケットwifiの中から、一人暮らしのあなたにあった、ポケットwifiを、リアルタイムに選んでいます。

モバイルデータ通信の設定方法/一人暮らしのwifi編

現在のwifiの需要と供給のバランスは、圧倒的に需要の方が、供給を上回っています。

よって、各通信会社は、「通信制限の対策」や、「wifi利用の併用を推奨」をしています。

だから、wifi利用をせずにモバイルデータ通信ばかりを過剰に使うと、すぐに通信制限の規制対象になってしまうのです。

今回は通信制限の対策として、あなたのスマホのモバイルデータ通信設定をご紹介します。

今回の条件は・・・
※スマホはiphoneの設定を中心にご説明します

 

それでは、通信制限を受けにくいwifi環境をモバイルデータ通信設定から見直していきましょう。

まず【設定】⇒【モバイル通信】で下記画面が出てきます。

 

続いて出てくるこの画面の一番上の「モバイルデータ通信」は「オン」にしましょう。
※勘違いしやすいのですが、ココは「オフ」ではなく「オン」ですよ!

 

続きまして、画面をスクロールすると、アプリ別に細かく設定できることが分かります。

 

人それぞれニーズは違うのですが、モバイルデータ通信下で全てをオフにしてしまっては、不都合も多くなりますし、そもそもスマホを持っている意味がありません。

よって、通信制限内で賢く使うためのモバイル設定をご紹介します。

モバイルデータ通信でオフにしたい7つのアプリ/一人暮らしのwifi編

上記設定画面では、それまでに使用したデータ量がアプリ別に確認できるので、自分にあった設定をするようにしましょう。

特に、下記アプリをオフにすることで、おすすめなネット環境ができあがります

  1. 動画閲覧アプリ(YouTubeなど)
  2. wifiアシスト
  3. APPStore
  4. FaceTime
  5. iCloud Drive
  6. テレビ電話付SNS(LINEなど)・・・要検討
  7. その他ゲーム関係(要検討)

①動画閲覧アプリ(YouTubeなど)

さすがに通信現制限を気にしているあなたはモバイルデータ通信下でYouTubeなどの動画閲覧はしないと思います。

しかし、YouTubeアプリのモバイルデータ通信をオンにした状態で、動画閲覧中、下記事態が起きていたらどうですか?

  • ポケットwifiでバッテリーが切れた
  • wifiの電波が弱く途切れた

このような事態が発生した場合、モバイルデータ通信に切り替わり、あっと言う間に通信制限に達します。

②wifiアシスト

wifiアシストとは、wifiで電波が弱くなった時など、補助として、モバイルデータ通信を補助的に使う機能です。

モバイルデータ通信を極力使いたくないあなたにとっては、確実に、あなたには必要ない機能だと思います(^^;

 

※モバイル通信設定の下にあります

③APPStore

APPStoreがモバイルデータ通信設定でONになっていると、アプリの更新(アップデート)があった場合、大量のデータを取り込む可能性があります。

とは言っても、実際はバックグラウンドでアップデートが知らぬ間に行われることはないので、そんなに心配する必要はありませんが、念の為オフにしておきましょう。

 

④FaceTime、

モバイルデータ通信下で、通信制限を気にされているあなたは、まさかテレビ電話はしないですよね?

しかし、あなたに連絡を取りたいお友達は、あなたがモバイルデータ通信下にいるかどうか等、知る由もありません。

よって、あなたがwifiのネット環境下ではない時に、FaceTimeがかかってきたらどうしますか?それもお断りできないお友達・お客様などだったらどうしますか?

通常の電話と違い、FaceTime等のネット電話は受信側もパケットを消費します。

 

⑤iCloud Drive

スマホの情報を、クラウド上に常にバックアップするアプリです。

wifi環境下で、1日1回でもバックアップできていれば充分です。

またクラウド上に写真をアップさせるアプリなどがあれば、そちらもオフにしてください。

 

⑥テレビ電話付SNS(LINE・Facebookなど)・・・要検討

FaceTime同様、電話がかかってくる場合、モバイルデータ通信を使う可能性があります。

しかし、FaceTimeと違い、LINEやFacebookは、現在コミュニケーションツールとして欠かすことができないと思います。

よって、モバイルデータ通信オフにすると、非常に不都合も発生することでしょう?

現状、LINEやFacebookの通話機能のみモバイルデータ通信オフにする設定はないため、あなたの依存度と照らし合わせ要検討してください。

 

⑦その他ゲーム関係(要検討)

ゲーム類などバックグラウンドでデータ通信するものがあります。

モバイルデータ通信の設定画面で、データ通信量を確認できるので、問題あればオフにしましょう。

 

ギガ不足が心配ならおすすめはポケットwifi

インターネット契約3選 一人暮らしにおすすめした理由
どんなときもwifi ポケットwifi史上初の完全無制限を実現!
※残りのデータ容量を気にするストレスからも解放!
縛りなしWiFi 全ての年縛りが無く、月額料金3,300円のみで契約が可能。
※一人暮らしで、とりあえず契約するなら1番おすすめ!
SPACE wifi 全ての年縛りが無く、月額料金3,680円のみで契約が可能。
※一人暮らしで、とりあえず契約するなら2番目におすすめ!

今回ご紹介したモバイルデータ通信の対策は、ギガ不足対策です。

しかし、どこにいても思いっ切り使いたい人には、やはりポケットwifiがおすすめです。

それでは、一人暮らしでは、どのようなポケットwifiがおすすめなのでしょうか?

そこで、一人暮らし4年目の私が、現時点、一人暮らしに一番おすすめなポケットwifiを3つランキング形式でご紹介します。

ポケットwifi史上初!完全無制限「どんなときもwifi」

第1位

どんなときもwifi

どんなときもWiFi

ポケットwifi初!完全無制限を実現したのは「どんなときもwifi」だけ!しかも月額料金はポケットwifi最安値級3,480円!現在、一番人気のポケットwifiです。
どんなときもwifiは8日以内であれば気軽に解約できる独自のクーリングオフ(初期契約解除)があるので、迷う前に申し込んでも損は無し!

特徴 概要
メリット ポケットwifi史上初!「完全無制限」
※クラウドSIMで3キャリア使用可能(繋がり易さ抜群!)
※残りのデータ残量をチェックするストレスから解放!
※バッテリー切れのストレスから解放!(12時間連続使用可能!)
デメリット 年縛り契約になっている
※0~12カ月:19,000円/13~24カ月:14,000円
※解約には指定月が設定されている(25カ月目のみ)

まず最初にご紹介するポケットwifiは、「どんなときもwifi」です。

現在、数あるポケットwifiの中では、一番人気もあり、端末も品切れ、予約待ちになるほなんです。

それでは、どんなときもwifiをデメリットとメリットに分けて分かり易くご紹介します。

メリット:ポケットwifi初の「完全使い放題」

どんなときもwifiは、新しい次世代の通信方式「クラウドSIM」により、ポケットwifi初の完全使い放題を実現しました。

ちなみに、どんなときもwifiのサポートセンターでは、1カ月に1TB(1000GB)を利用したお客様も、通信制限を受けることは無かったと明言しています。

この完全使い放題というメリットは、インターネットのヘビーユーザーの人には、とてもありがたいメリットです。

そして、インターネットをあまり使わない人でも、大きなメリットがあるのをご存知ですか?。

それは通信制限によるストレスです。

例えば、1日3GBという通信制限があると、あなたは残りの通信量が気になり、頻繁に残りの通信量をチェックするようになるんです。

つまり、このストレスって、結構ハンパないんですよ!

私の場合は、1日中チェックしていたこともありました。

どんなときもwifiは、そんなストレスから完全に解放される夢のポケットwifiなんです。

 

私のお友達のレビューも掲載してますのでご参考ください。
>>どんなときもwifiの完全無制限│語られない本当のメリットとは?

また、どんなときもwifiのルーターは、バッテリーも持ちも良く、バッテリー残量をチェックするストレスからも解放されるんです。
>>どんなときもwifiの電池残量のチェック方法はどうやるの?

 

デメリット:年縛り契約(解約料金)

どんなときもwifiのデメリットは、やはり年縛り契約により発生する解約料金です。

  • 1年未満に解約した場合:19,000円
  • 1年以上~2年未満:14,000円

私の場合、この解約料金は、現在、唯一の完全使い放題のポケットwifiを持つ代償として、ギリギリの料金ではないかなと思います。

※ちなみに、解約料金19,000円は、一般的なポケットwifiの、一般的な相場なんです。

ポケットwifi史上初!完全使い放題

どんなときもwifiがおすすめな人とは・・・
1.完全無制限で使いたい(速度制限なし!)
2.どこでも繋がりたい(クラウドSIM)
3.出費を抑えたい(最安級)
>>どんなときもwifiの詳細ページはこちらへ

 

縛りが一切ない「縛りなしWiFi」

第2位

縛りなしwifi

解約料金、初期費用など一切なし!必要なのは月額料金のみ!その月額料金は最安値級の3,300円を実現!ポケットwifi選びにお悩みなら、まずは「縛りなしwifi」がおすすめです!
ポケットwifiの料金比較は月額料金ではなく「解約までの総額費用」で比較しましょう!縛りなしwifiが、どれほど格安なのか分かります!

概要
おすすめプラン 完全縛りなしで最安値月額3300円のみ
※契約から解約までの総額費用で最安値のため
※ほぼ無制限(4G:1日で3GBまで/3日で10GBまで)
※初めてのwifi契約は数カ月で解約することも念頭に選ぶこと
危険プラン 縛っちゃうプラン2,800円は、おすすめしません。
※契約期間(年縛り期間):3年(ありえません)
※解約料金:15,000円(ありえません)
※クーリングオフでもwifiルーターは買取(ありえません)

続いて、一人暮らしにおすすめなポケットwifiは「縛りなしwifi」です。

こちらも2019年1月にサービスが開始されたばかりのポケットwifiです。

それでは、縛りなしwifiも、メリット、デメリットに分けて、分かり易くご紹介します。

 

メリット:縛りなく利用料金も最安値!

項目 内容
縛りがない 初期費用0円、解約料金0円
月額料金が安い 月額3,300円
※初月は日割り計算
解約までの総額費用が安い 費用は、月額3,300円×利用月(期間)のみ
充分な通信量 4G:1日間で3GBまで
WiMAX:3日間で10GBまで

縛りなしwifiの最大のメリットは、商品名にもあるように「契約内容に縛りが無い」ことなんです。

現在のインターネット契約には、どんなときもwifiも含め、ほぼ「年縛り」が存在します。

つまり、指定された契約期間(2年~3年)を利用せずに解約してしまうと高額な解約料金が請求される仕組みになっています。

そうなると気になるのは利用料金ですよね?

各種縛りが無い分、高額なんじゃないの?って思いますよね?

それが、月々の利用料金は最安値級(3,300円)なんです。

ちなみに短期間で解約する可能性を気にするなら、解約までの総額費用では間違いなく現状、最安値になります。

※もちろん、ご継続されるユーザーさんがほとんどです。(料金が安いため)

デメリット:完全使い放題じゃない

縛りなしwifiを、数カ月後解約することになるとしたら、その最大の理由は、「完全使い放題じゃない」なのかもしれません。

現状、どんなときもwifi以外のポケットwifiは、完全使い放題ではないため、ある程度、データ量を使ってしまうと通信速度に制限がかかってしまいます。

もちろん、通信制限がかかるには「1日3GB⇒2GB」と、充分過ぎるデータ量はあるものの・・・、

運営者

2019年8月頃、1日3BG⇒2GBに縮小されました
これはちょっとショックでした・・・

一人暮らし生活は、インターネットの通信量が日々、増えて行くものです。

よって、月額プラス180円で“どんなときもwifi”に乗り換えることになるかもしれません。

縛っちゃうプランに気を付けて!

縛りなしwifiは、縛りが一切無いことから、とても分かり易いシンプルなプランでした。

しかし、実は、2019年5月に「縛っちゃうプラン2,800円」が新たに追加され、ちょっと注意が必要になりました。

一見、お得に見えてしまう「縛っちゃうプラン2,800円」ですが、縛り年月がなんと3年!、解約料金も15,000円と、かなりの高額になっているんです

さらに、あまり知られてないのですが、クーリングオフしても端末代金は一括清算になるなど、かなりデメリットが大きくなるのででご注意ください。

 

一人暮らしに大絶賛!『縛りなしwifi』

初期費用0円、解約料金0円は、もうあたり前!
1.ポケットwifi最安値!月額3,300円
2.いつでも解約できる(年縛りなし)
3.wifi使い放題(速度制限あり!)

>>「縛りなしwifi」の詳細はこちらへ

 

縛りなしの元祖「SPACE wifi」

第3位

SPACE wifi

解約料金、初期費用など一切なし!必要なのは月額料金のみ!その月額料金は最安値級の3,680円を実現!ポケットwifi選びにお悩みなら、まずは「SPACE wifi」がおすすめです!
「縛りなしwifi」と比較されることが多いのですが、1日3GBまで使えるのは「SPACE wifi」だけ!
※縛りなしwifiは1日2GBまで

概要
メリット 完全縛りなしで月額3680円のみ
※契約から解約までの総額費用が縛りなしwifiに次ぐ2番目の安さ
※ほぼ無制限(4G:1日で3GBまで/3日で10GBまで)
※初めてのwifi契約は数カ月で解約することも念頭に選ぶこと
注意点 現状、「縛りなしwifi」が登場してしまったため、月額料金が380円高く、その他の条件が同じSPACE wifiを選ぶ人はいないと思うが、縛りなしwifiがサービスをやめてしまった時などに備えて覚えておくと良いでしょう

2019年2月に「縛りなしwifi」のサービスが提供されるまでは、本ブログでも一人暮らしの人に一番おすすめしていたのが「SPACE wifi」です。

現状としては、縛りなしwifiよりも、月額料金が380円高いだけでしたが、縛りなしwifiの通信制限が1日3GB⇒2GBに縮小したのに対し、SPACE wifiの通信制限は変更なく継続しています。

※4G回線:1日で3GBまで/WiMAX回線:3日で10GBまで

現状、完全に縛りがないポケットwifiは、「縛りなしwifi」と「SPACE wifi」の2つです。

4G回線の通信量で比較すると・・・、

SPACE wifi:1日3GBまで、3,480円
縛りなしwifi:1日2GBまで、3,300円

ちなみに、わたしならコスパを考え、SPACE wifiかな?

「縛りなしwifi」と「SPACE wifi」を徹底比較した記事も書いてますのでご参考ください。
>>【完全比較】縛りなしwifi と SPACE wifi│一人暮らしにおすすめは?

一人暮らしにおすすめな「SPACE wifi」
<初期費用0円、解約料金0円、最安値補償>

~一人暮らしに大絶賛!初期費用まで無料はSPACE wifiだけ~

SPACE wifiの詳細はこちらへ 

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は「【ギガ不足対策】モバイルデータ通信をオフ設定!7つのアプリ/一人暮らしにおすすめwifi」についてご紹介してきました。

 

 

まとめると・・・、

スマホ(iphone)は、モバイルデータ通信の設定を細かくしないと、wifi環境外で大量なデータ通信を行う可能性があり、気が付くとギガ不足になってしまいます。

そこで限られた通信量を賢く使うために必要な、モバイルデータ通信のオフ設定をご紹介しました。

また、ギガ不足に縛られず、思いっ切り使いたい人のために、おすすめのポケットwifiもご紹介しました。

一人暮らしのwifiランキング

いっぱい使うなら「どんなときもwifi」
※縛りなしWiFiの通信量では不足の人
※通信量を気にせずにwifiを使いたい人
※解約料金(最大19,000円)は勉強代と思える人
>>どんなときもwifiの公式ページはこちら

迷ったら「縛りなしWiFi」
※一人暮らしでwifi契約が初めての人に超おすすめ!
※解約料金など、余計な出費を絶対にしたくない人
>>縛りなしWiFiの公式ページはこちら

縛りなしの元祖「SPACE wifi」
※一人暮らしでwifi契約が初めての人に超おすすめ!
※解約料金など、余計な出費を絶対にしたくない人
>>SPACE wifiの公式ページはこちら

是非、ご参考くださいね。

-wifiの専門用語
-, ,

Copyright© 一人暮らしのおすすめポケットwifi生活│格安インターネット2019 , 2019 All Rights Reserved.