一人暮らしのおすすめポケットwifi生活│格安インターネット2019

一人暮らし実践者がおすすめするポケットwifiの選び方

wifiの専門用語

ビット(b)とバイト(B)の違い│勘違いするとwifi選びが失敗する?

更新日:

本サイトは、一人暮らしにおすすめなwifiを、現在一人暮らし実践中の私が、様々な角度で紹介しています。

一人暮らしであるあなたのwifi選びに、是非ご参考いただけると嬉しいです。

あなたが、この記事に訪れたということは・・・、

今更、人には聞けず「ビット(bps)とバイト(B/s)」について、悩んでいたところでしょうか?

確かに「ビット(bps)とバイト(B/s)」の違いは、ちゃんと理解してないと、今後のwifi選びも失敗することになります。

そこで今回は「ビット(bps)とバイト(B/s)」の違いについて、分かり易く解説します。

この記事を参考にすると、あなたは失敗しないwifi選びができることでしょう。

一人暮らしに絶対おすすめ『楽天モバイル』

データも通話も使い放題の格安SIM!
一人暮らしに楽天モバイルは最強!
~低速使い放題(最大1Mbps)/通話(10分以内)~
>>楽天モバイルの公式ページはこちらへ

勘違いしてませんか?ビット(bps)とバイト(B/s)の違いとは?

いきなりですが・・・

あなたは、下記、パソコン画面(データを転送中)は見たことはありますよね?

Windowsのバージョンにより、多少画面のデザインは違うと思いますが、赤枠で囲った125MB/sって、何のことが分かりますよね?

ちなみに「125MB/s」の「/s」は、1秒間に!という意味になります。

つまり・・・、

1秒間に転送しているデータ量を表現しています。

このケースでは、1秒間に125MBを転送していることになります。

 

それでは、もう一つ問題です!

下記のような広告は、wifiの広告では、良く見かけますよね?

赤枠で囲った、2Gbpsって、何のことか分かりますか?

ちなみに、いま、1秒間に2GBを転送していると思われたあなた!

wifi選びに失敗する確率が高いので、ココでしっかりと学びましょう。

 

「B」と「b」の違い

通信速度を表す単位で、一番間違いやすいのが、「B」と「b」の2つです。

たまたま、大文字「B」、小文字「b」に書いてしまった訳ではないのです。

読み方は・・・

  • 「B」⇒バイト
  • 「b」⇒ビット

主な使い分けは・・・

B/s は Byte per second (バイト パー セカンド)と呼んでいて、パソコン内の転送(コピー)の際などに表示されます。

一方、bps とは”bit per second” (ビット パー セカンド) の略で、ビーピーエスと呼んでいます。

主にwifiの通信速度を表すのに使われています。

 

それではB/sと、bpsは何が違うのでしょうか?

答えは非常に簡単です!

1Bytes8bits

つまり、1バイトば8ビットです(バイトはビットの8倍)。

よって上記でご案内したNURO光の広告、2Gbpsは、1秒間に2GBを転送しているのではなく、2GBの8分の1の250MB/sとなります。

つまり、1秒間に250MBを転送する通信速度なんです。

いかがでしょう?

1秒間に2GBを転送していると思っていたものが、実は250MBだったら、ちょっとショックですよね?

さらに、この数値は理論値であり、実測値ではほぼ出すことはありません。

ちなみに、私の実家のwifiはニューロ光の契約をしているのですが、ほぼ100MB/s前後のスピードです。

 

一人暮らしのwifiは、何ビット(バイト)がおすすめ?

一人暮らしも含め、一般家庭におすすめなwifiに必要な通信速度は、そんなに速く無くても良いと言われています。

もちろん、wifiは高速通信に超したことはありませんが、高速通信になれば料金も上がっていきます。

よって、以前よりこんなニーズが、ささやかれていました。

一人暮らしのwifi生活で、ストレスがないギリギリのwifi速度を交換条件に、お値段が安いwifiはないものでしょうか?

実は、そんな一人暮らしのwifiニーズに答えてくれたwifiがあるんです!

それが「楽天モバイルの低速1Mbps使い放題1,480円です。

 

それでは、この楽天モバイルの低速1Mbpsではどんなことができるのでしょうか?

楽天モバイルの公式ページでは、下記のようなことができると言われています。

テレビ電話はできるのか?

本サイトでは、一人暮らしになると、必然的にニーズが高くなる(私がそうなので(^^;)、テレビ電話が、問題なくできるのか?

実際に、一人暮らしの私が楽天モバイルの低速(1Mbps)使い放題でLINEのテレビ電話をしている動画を撮影しましたので、まずこちらをご覧ください。

※私の初のYouTubeデビュー作は、実家の母の手です(^^;

まったく問題なく、スムーズにテレビ電話が可能であることが分かります。

感覚ですが、テレビ電話をしていると、10分に1度くらいのペースで、多少、映像が固まる時があります。(原因が低速1Mbpsのせいなのかは不明です)

下記記事で、テレビ電話をするのに必要な通信速度を計測しています

>>LINEのテレビ電話で通信量を正確に計測すると?

 

いかがでしょう?

もちろん、時間帯やエリアで、通信環境の違いは出てくると思いますが、私の場合、楽天モバイルで、LINEのテレビ電話は非常に安定していると思います。

良かったら、楽天モバイルの公式ページでさらに確認してみてくださいね!

一人暮らしに絶対おすすめ『楽天モバイル』

データも通話も使い放題の格安SIM!
一人暮らしに楽天モバイルは最強!
~低速使い放題(最大1Mbps)/通話(10分以内)~
>>楽天モバイルの公式ページはこちらへ

また、一人暮らしでニーズが高くなる、スマホのテザリング利用や、YouTube動画の閲覧も、楽天モバイル1Mbps使い放題で、問題なく利用できるのでしょうか?

スマホのテザリングの使い勝手は?

テザリングとは、スマホからwifiを出してパソコンや、ゲーム機をインターネットに繋げるものです。

カフェなどで、パソコン作業を実現させる上で重要なアイテムです。

結果は、まったく問題なくテザリングが可能で、ストレスもありません。

YouTubeの動画は閲覧できるのか?

YouTubeの動画閲覧は、一人暮らしを始めた初期は、特に必要です。

慣れない地域で暮らすのは、最初は寂しいもので、私は地上波のテレビ視聴よりも、YouTube閲覧の方が良く利用しています。

こちらもYouTubeの標準解像度360Pまでは閲覧可能と楽天モバイルの公式ページでも言われていますが、実際は720Pまでストレスなく閲覧が可能です。

下記記事で、YouTubeを閲覧するのに必要な通信速度を計測しています

>>YouTubeのデータ容量を正確に計測すると?

是非、楽天モバイルの公式ページもご覧ください。

こちらの記事も「違い」についてまとめたものでおすすめです。
>>2.4GHzと5GHzの違いとは?
>>wifiとBluetoothの違いとは?
>>WiMAX・4G・LTE・BWAの違いは?

その他、wifi選びに役立つ情報を下記記事でまとめていておすすめです。
>>失敗しないwifi選びで最低限必要な13の専門用語

一人暮らしに絶対おすすめ『楽天モバイル』

データも通話も使い放題の格安SIM!
一人暮らしに楽天モバイルは最強!
~低速使い放題(最大1Mbps)/通話(10分以内)~
>>楽天モバイルの公式ページはこちらへ

一人暮らしに、おすすめポケットwifiランキング!

本ブログでは、実際に一人暮らし4年の私が、現在、最もおすすめのポケットwifiを正直にご紹介します。あなたのwifi生活にあったポケットwifiが絶対に見つかります。

どんなときもwifi

どんなときもWiFi

ポケットwifi初!完全無制限を実現したのは「どんなときもwifi」だけ!しかも月額料金はポケットwifi最安値級3,480円!現在、一番人気のポケットwifiです。
どんなときもwifiは8日以内であれば気軽に解約できる独自のクーリングオフ(初期契約解除)があるので、迷う前に申し込んでも損は無し!

縛りなしwifi

解約料金、初期費用など一切なし!必要なのは月額料金のみ!その月額料金は最安値級の3,300円を実現!ポケットwifi選びにお悩みなら、まずは「縛りなしwifi」がおすすめです!
ポケットwifiの料金比較は月額料金ではなく「解約までの総額費用」で比較しましょう!縛りなしwifiが、どれほど格安なのか分かります!

SPACE wifi

解約料金、初期費用など一切なし!必要なのは月額料金のみ!その月額料金は最安値級の3,680円を実現!ポケットwifi選びにお悩みなら、まずは「SPACE wifi」がおすすめです!
「縛りなしwifi」と比較されることが多いのですが、1日3GBまで使えるのは「SPACE wifi」だけ!
※縛りなしwifiは1日2GBまで

-wifiの専門用語
-,

Copyright© 一人暮らしのおすすめポケットwifi生活│格安インターネット2019 , 2019 All Rights Reserved.