縛りなしwifiがおすすめ

縛りなしwifiの月額3,300円は、本当におすすめなのか?徹底検証!

投稿日:

本サイトは、一人暮らしにおすすめなwifiを、現在一人暮らし実践中の私が、様々な角度で紹介しています。

一人暮らしであるあなたのwifi選びに、是非ご参考いただけると嬉しいです。

あなたは、一人暮らしを始めたので、wifi選びをしていたら、何がおすすめなのか?分からなくなってしまい悩んでいるのですか?

そこで今回は、一人暮らし実践4年目の私が、あなたにおすすめのwifiをご紹介します。

この記事を参考にすることで、失敗しないwifi選びができることをお約束します。

 

私は現在一人暮らしです。

私も一人暮らしになった当初、wifi選びに夢中になったものですが、失敗の連続でした!

そんな私が、一人暮らし4年目にして、やっと満足のいけるwifiに出会うことができました。

それが2019年1月にwifiの提供が始まったばかり「縛りなしwifi」です。

これから一人暮らしを始めようとしているあなたには、一人暮らしの先輩として・・・、

縛りなしWiFiの利用者の一人として・・・、

私のように、wifi選びで失敗しないために・・・、

なぜ、一人暮らしのあなたに、縛りなしwifiがおすすめなのか?について詳しく解説しますね。

一人暮らしに大絶賛!『縛りなしwifi』

初期費用0円、解約料金0円は、もうあたり前!
月額3,300円(縛りあり月額2,800円)
~現時点最強!これ以上のwifiはございません~
>>「縛りなしwifi」の公式ページはこちらへ

縛りなしwifiの月額3,300円と他社wifiを比較

もし、あなたが、既にいくつかのwifi契約を調べているのであれば、「縛りなしwifiの3,300円が最安値!」の言葉に違和感が無かったですか?

なぜなら、あなたは、このサイトに来るまで、このような広告をたくさん見てきていませんか?

つまり、このような広告に一人暮らしを始めたばかりの人は騙されてしまうのです。

ちなみに、この金額は最初の2~3カ月の月額料金で、それが終わると金額が跳ね上がるんです。

さらに2年縛り、3年縛りになっているので、解約できない仕組みにもなっています。

そして、もし解約すれば高額な解約料金が請求されます。

また、例え解約しなくても、2~3カ月後に高額な月額料金に切り替わります。

そうなったら最後、wifi契約の負のスパイラルに巻き込まれて行くのです。

>>解約料金の失敗談にご興味がある方はこちらへ

つまり、wifiの契約は、月額料金以外にもチェックすべき項目がたくさんあり、トータル的に見ていかないと、とても失敗する確率が高い商品なんです。

wifiの代表的な4つのチェック項目

  1. 解約料金
  2. 初期費用
  3. 月額料金
  4. 年縛りの有無

 

そこで、最近はwifiの料金を総合的に評価・比較するために・・・、

1年間利用して、解約した際の総額費用で比較

このような新たな評価基準を設けて比較するようになってきています。

そうすると、縛りなしwifiの利用料金は、一気に最安値になるんです。

上記グラフでも、大差を付けて、縛りなしwifiは圧勝しているのが分かると思います。

ちなみに、1カ月で解約した場合の総費用の比較は、初期費用、解約料金の関係で、さらに、縛りなしwifiの圧勝となります。

なので、wifiの契約に縛りがないことは重要なことなんです。

 

しかし、ココで気にしたいのは、wifi業界は、現在、競争がとても激しい業界のひとつでもあります。

早ければ1カ月後には、さらに格安なプランのwifiが登場するかもしれません。

よって、現在のwifi契約は、常に条件の良いwifiへ乗り換えを意識していかなかければいけません

2020年の「5G」登場でwifiの価値は激変する?

あなたは、新しい通信規格「5G」の登場が、なんと来年2020年に控えているのをご存知ですか?この「5G」の登場でwifiの通信容量や通信スピードが格段に良くなるとされています。
そんな中、wifiの縛り契約で契約内容を改めることができないのは大きなデメリットです。
よって、wifiの料金がお得に見えたからと言って、この時期にwifiで2年~3年の縛り契約をするのは非常に危険なんです。
>>「5G」について、さらに詳しくご紹介します

一人暮らしに大絶賛!『縛りなしwifi』

初期費用0円、解約料金0円は、もうあたり前!
月額3,300円(縛りあり月額2,800円)
~現時点最強!これ以上のwifiはございません~
>>「縛りなしwifi」の公式ページはこちらへ

 

「縛りなしwifi3,300円」 VS「 SPACE wifi3,680円」

上記、「縛りなしwifiと、他社比較」をご覧いただければ、一人暮らしのあなたには、縛りなしwifiが、充分おすすめできるwifiであることがご理解いただけたかと思うのですが・・・、

もしあなたがこの時点で、一人暮らしにおすすめのwifiを相当ご覧いただいているのであれば、こんなことが気になってきませんか?

「縛りなしWiFi3,300円」 VS「 SPACE wifi3,680円」

これを見て、ピン!と来たあなたはwifi博士認定です!(^^;

SPACE wifiとは

ココでSPACE wifiについて簡単に紹介しておきますね。

SPACE wifiは、縛りなしwifiが登場(2019年1月中旬)するまでは、「1年間利用して解約した際の総費用」の比較でNo1でした。

※本ブログでも、積極的におすすめしていたwifiです

なんと、縛りなしwifiは、それまで最安値だったSPACE wifiの総額費用を、イッキに▲8,090円も最安値を更新してしまったのが分かると思います。

そしてwifi博士のあなたは思ったはずです

SPACE wifiの「最安値保証」

つまり、SPACE wifiは、最安値を保証しますよ!と言ってくれているのです。

よって、縛りなしwifiがサービスを提供し、▲8,090円の金額差を付けられたと言うことは、すぐに料金改定をする可能性があるのです。

なので、本サイトの運営者として、すぐに私はSPACE wifiさんに問い合わせたところ・・・

「縛りなしwifi」というwifiが、SPACE wifiよりも条件が良いみたいなのですが、最安値保証で、今後料金変更の予定はございますか?

すると、すぐに、こんなお返事が返ってきたのです。

弊社は民泊wifiとなりますので、お客様が言われている「縛りなしwifi」は、一般のお客様用のサービスになるかと存じます。

弊社では利用料金の改定は御座いませんのでご了承下さいません。

つまり、料金改定(値引き)の予定は無いとのこと。

その理由は、縛りなしwifiは「民泊wifiでは無いため」と言うことなんです。

■民泊wifiとは・・・
現在、旅行先として日本が外国人に人気があのですが、そんな外国人が日本の旅行で一番不満に感じているのが「wifiスポット」の少なさなんです。つまり現在日本は先進国の中でもwifiスポットが少ないんです。2020年のオリンピックも控えていることから、wifiスポット増設が国家事業として急ピッチで行われてます。そんな中、wifi不足の救世主として登場したサービスが「民泊wifi」なんです。

つまり、縛りなしwifiと、 SPACE wifiは、今後も料金競争にはならないのです。

※消費者としては残念なところです。

よって、しばらくは、縛りなしwifiの3,300円が、wifiの最安値料金を維持すると思われます。

それでも万が一、縛りなしwifiよりも安い、おすすめのライバルwifiが出て来たら、縛りなしwifiは解約料金0円なので、気軽に乗り換える事もできますよね。

一人暮らしに大絶賛!『縛りなしwifi』

初期費用0円、解約料金0円は、もうあたり前!
月額3,300円(縛りあり月額2,800円)
~現時点最強!これ以上のwifiはございません~
>>「縛りなしwifi」の公式ページはこちらへ

 

縛りなしwifiだけど、縛りを付けると月額2,800円!

ココまでのお話で、充分、縛りなしWiFiはすごい!と思われましたよね?

上記でもお伝えしたように、万が一、料金がもっと安いライバルwifiが出て来たら、解約料金0円で条件の良いwifiに乗り換えれば良いとご案内しました。

縛りなしWiFiの凄いのところはココからなんです!

なんと、縛りなしwifiなのに、縛りを付けるオプションプラン「縛っちゃうプラン」があるんです!

その月額料金は、2,800円になるんです。

※縛っちゃう期間は3年です。

 

縛っちゃうプランのメリット

縛っちゃうプランのメリットとは、月額料金が2,800円(▲500円)になるだけでなく、レンタルwifiのデメリットでもあった、端末の紛失・故障・水没による高額な弁償金が無料になることです。

※縛っちゃうプランに限り、レンタルwifiでは無くなり、wifiルーターは買取となります。

一人暮らしのwifiは3,300円がおすすめ!

ココまで読み進めたあなたは、おそらくこのように思ったはずです。

「じゃあ、“縛っちゃうプラン2,800円”と契約しようかな?」

そうなんです!ココがwifi選びの失敗の原因です。

ちなみに、縛っちゃうプラン2,800円の解約料金は15,000円です。

もし途中で解約することになったら、30ケ月以内は「縛りなしプラン3,300円」の方が安くなります。

そこで、ズバリ!アドバイスします

「2020年の5Gの登場」、「wifi業界は料金競争の激戦区」を考慮すると、あなたにおすすめなプランは「縛りなしプラン3,300円」です。

 

縛りなしwifiの3,300円を、一人暮らしにおすすめする4つの理由

ココまでは、縛りなしwifiの料金面を中心に、一人暮らしのあなたにおすすめしてきました。

いくら料金面が最安値でも、契約内容が、おすすめじゃなければ意味がありませんよね。

ココからは、縛りなしwifiが、料金面以外でも、一人暮らしのあなたにおすすめできるwifiであることをご紹介します。

①通信制限なし

縛りなしwifiが、一人暮らしのあなたに、おすすめする1つ目の理由として「通信制限なし」であることです。

一人暮らしはwifiへの依存度が、家族と一緒に暮らしていた頃と比較すると極端に多くなることが予想されます。

本当、信じられない早さで「ギガ不足」になりますよ

ちなみに、私の一人暮らしでは・・・、

  • 友人や家族にテレビ電話を長時間するようになる
  • テレビはほとんど見なくなる代わりに、YouTube等の動画閲覧が増える
  • パソコンを使った趣味が増えた(このブログもそのひとつ)

そんな一人暮らしでは、通信制限なしが絶対的におすすめです。

 

②初期費用が0円、解約料金が0円

縛りなしwifiが、一人暮らしのあなたに、おすすめする2つ目の理由として「初期費用0円、解約料金0円」であることです。

一人暮らしの種類にもよりますが、一般的に一人暮らしは期間が決まっているものではありません。

いつ終わりになるか分からない中、一人暮らしはするものです。

ちなみに一人暮らしで無くなった瞬間に、ポケットwifiは贅沢品となり、無用の長物になる確率は高いのです。

そんな時にも解約料金は0円にこしたことはありません。

また次から次へと、新たなwifiプランが誕生してくる中、常に良いプランへの乗り換えを意識して欲しいです。

よって、気軽に乗り換えていただくためにも、縛りなしwifiの初期費用0円、解約料金0円は、一人暮らしのあなたに必要な条件です。

 

③最短翌日発送

縛りなしwifiが、一人暮らしのあなたに、おすすめする3つ目の理由として「最短翌日発送」であることです。

一人暮らしが始まると、その寂しさから、すぐにスマホのギガ不足問題がやってきます!

よって寂しさを和らげるために、「契約⇒wifiルーター翌日発送」が最短という条件は、一人暮らしにならないと、なかなか分からない必須要件です。

 

④契約の初月は日割り計算!

縛りなしwifiが、一人暮らしのあなたに、おすすめする4つ目の理由として「初月が日割り計算」されることです。

もし日割りされることが無ければ、あなたは節約を意識して、月末の契約は避けるかもしれません(その月はギガ不足を耐えるしかありません)。

そうすると、最短翌日到着のメリットも半減しますよね。

 

以上、このような4つの理由で、縛りなしwifiは、一人暮らしのあなたに、胸張っておすすめできるwifiでもあります。

一人暮らしに大絶賛!『縛りなしwifi』

初期費用0円、解約料金0円は、もうあたり前!
月額3,300円(縛りあり月額2,800円)
~現時点最強!これ以上のwifiはございません~
>>「縛りなしwifi」の公式ページはこちらへ

 

縛りなしwifiで使える2つの周波数帯、どっちを選ぶ?

縛りなしwifiは、契約時に2つの周波数帯「WiMAXと4G(LTE)」iを選ぶことにができます。

よって、ついでに、wifiの電波についても勉強しておきましょう。

あなたはWiMAXと4G(LTE)と言う名前は聞いたことありますよね?

でも、実際、どのようなものなのか知らないのではないでしょうか?

これを知らないと、初心者のwifi選びは、ほぼほぼ失敗します。

この2つの電波は縛りなしwifiのサービスに含まれています。

まずはこの2つの電波の特徴から、簡単にご紹介します。

WiMAXのメリット・デメリット

WiMAXとはKDDIが提供している電波の事で、主にポケットwifi等を利用して、インターネットを楽しむ際に使う電波です。

■メリット

「WiMAX2+は、実質無制限のwifi」

使い放題プランが充実している。ただし3日で10G以上超えると通信制限を受けるが、通信制限を受けた後でも、YouTube(動画)などは問題なく閲覧可能なレベル

■デメリット

「WiMAX2+は、公表されている以上に、圏外が広い」

公式ページで公表されているWiMAX圏内MAPよりも、圏外エリアが広い
※建造物などで電波が遮断されやすい
※屋内が圏外になりやすい

4G(LTE)のメリット・デメリット

3大キャリアが提供している周波数帯です。
※3大キャリアとは:docomo。softbank、au

主に、携帯電話を中心に使われている電波です。

■メリット

「4Gは、ほぼ圏外がない!」

携帯電話の圏外エリアがほとんど無くなってきたのと同様に、ほぼ圏外になることはありません。

※WiMAXが苦手とする建造物も、4G(LTE)は回り込んで、届いてきます。

■デメリット

「使い放題プランに各種条件あり」

使い放題などのプランに乏しく、通信制限も厳しい。

契約料金も高くなる傾向がある。

縛りなしwifiでの確認ポイント

2種類のwifi電波の特徴が、分かったところで・・・、

一番重要な確認ポイントは、あなたの自宅がwifiの圏外になっていないか?ということです。

※特にWiMAXは、屋内等、圏外になりやすいのが特徴です。

あなたが、どんなにwifiを使う場所が想定できないからと言っても、やはりwifiを一番多く使用する場所は「自宅」になります。

私の場合、一人暮らしで、友人や家族とテレビ電話をする場所は自宅限定です。

しかも長電話です。

もし、自宅がwifiの圏外だったら、そのwifiは持っていても、ほとんど使えないものになります。

縛りなしWiFiは、ルーター(wifi電波)を交換してくれる?

縛りなしwifiが一人暮らしを始めたばかりの方に、おすすめな理由として・・・、

例えば、あなたの自宅がWiMAXの圏外だったら、縛りなしwifiは4Gが使えるルーターと交換してくれます。

ちょっと問い合わせちゃいました!

ちょっと伺いたいのですが・・・
万が一、「電波状況が悪い場合、もう一つの違う周波数帯を利用するwifiと交換はできますか?

すると、すぐに返事が返ってきました。

電波状況が悪い場合交換が可能です。
どちらのキャリアでもご利用料金や送料は変わりませんので、ご安心下さいませ。
交換時に発生する送料は弊社からの発送費360円とお客様から端末をご返却いただく送料はお客様負担となります。

ちゃんと交換してくれるみたいなので、安心ですよね。

可能性は低いのですが、両方とも圏外になっていたり、使い勝手が悪ければ、解約するだけです。(解約料金0円)

しかし、この失敗で、あなたは、自分にあったおすすめなwifiの種類が分かることになると思います。

ちなみに、通常のポケットwifiだと、高額な解約金を支払わなければいけませんが、縛りなしwifiは初期費用0円、解約金0円です。

縛りなしwifiの契約に対して、失敗と感じる事はないでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は「縛りなしwifiの月額3,300円は、本当におすすめなのか?徹底検証!」についてご紹介しました。

まとめると・・・、

  1. 縛りなしwifiの月額3,300円は、本当に最安値だった!
  2. 縛りなしwifiの13カ月以降の月額は2,800円と自ら最安値更新
  3. 縛りなしwifiの初期費用0円、解約金0円は一人暮らしにおすすめ
  4. 縛りなしwifiの通信制限なしは、一人暮らしにおすすめ
  5. 縛りなしwifiの最短当日発送、翌日到着は一人暮らしにおすすめ
  6. 縛りなしwifiの初月日割り計算は一人暮らしにおすすめ
  7. 縛りなしwifiは、wifi電波を選べるので失敗しない

是非、あなたの一人暮らしのwifi選びに、お役立てください。

一人暮らしに大絶賛!『縛りなしwifi』

初期費用0円、解約料金0円は、もうあたり前!
月額3,300円(縛りあり月額2,800円)
~現時点最強!これ以上のwifiはございません~
>>「縛りなしwifi」の公式ページはこちらへ

-縛りなしwifiがおすすめ
-,

Copyright© 一人暮らしで始めるwifi生活│おすすめの格安インターネット2019 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.