どんなときもwifi

どんなときもwifiが遅い?│一人暮らしに必要な通信速度とは?

投稿日:

本サイトは、一人暮らしにおすすめなwifiを、現在一人暮らし実践中の私が、様々な角度で紹介しています。

一人暮らしであるあなたのwifi選びに、是非ご参考いただけると嬉しいです。

公開日:2019年7月16日

あなたは、どんなときもwifiを契約しようか?悩んでいるのですか?

どんなときもwifiは2019年3月に提供を開始し、現在wifiルーターの品切れで予約待ち状態が続く大変人気のあるwifiですよね?

しかし、どんなときもwifiについて色々と調べていると、『ちょっと遅い』という評判が目立つのが気になっているのではないですか?

そこで今回は、どんなときもwifiが、本当にに遅いのか?徹底調査しました。

この記事を参考にすることで、あなたにおすすめなwifiが見えてくることを保証します。

どんなときもwifiがおすすめな人

どんなときもwifiがおすすめな人とは・・・
1.大量のデータ通信量(1日3GB以上)を必要とする人
2.データ通信量にストレスを感じたくない人
3.解約料金19,000円はwifiの勉強代と考えられる人
>>どんなときもwifiの公式ページはこちらへ

 

どんなときもwifiの通信速度が本当に遅いのか?

結論から言うと、「どんなときもwifiの通信速度は遅くなく普通」です。

それではなぜ、どんなときもwifiの通信速度が「遅い」という評判があるのでしょうか?

そもそも、どんなときもwifiを実際に使った人の口コミ(評判)はどのような投稿があるのでしょうか?

どんなときもwifiの「通信速度」に対して、レビューしている口コミを集めてみましたので、ご覧ください。

通信速度に関する口コミ

少し遅い気もする?
スマホで特別なことをすることもなく、ネットが使えてメールや通話ができれば良かったので好都合でした。口コミを見たら2年縛りがあるとか、解約時は端末を返さないといけないとありましたが、月額の通信料が安ければ他に変えるつもりもなかったので、これに決めました。使ってみると少し通信速度が遅い気もしますが、私の使い方では特に影響はなかったです。何よりも月額料金の安さが魅力なので、値上がりするまでは使い続けるつもりです。
ゲームで遅延は感じない
ネーミング的に面白いこのサービスを選びました。データ通信の使用量が無制限なので、使用量を気にせずにインターネットで動画視聴やオンラインゲームを思う存分楽しむのに使えていて、とても満足しています。通信速度も実際にシューティング系のオンラインゲームで遊んでいる時にも遅延を殆ど感じないので、ストレス無くプレイする事が出来ていますし、月々に支払う料金も安くて家計的にも助かっているので、今では無くてはならない存在です。
気にするほどではなく快適
動画の視聴やゲーム等の通信量の大きいコンテンツを利用することが多いので、データ通信が無制限なのは助かります。通信の最大速度が遅めなのが気になっていたのですが、実際に使ってみると気にするほどではなく快適に使えます。料金設定も他社の同種のサービスよりは若干安いです。 不満な点は2点あります。1つ目はルーターのサイズが大きく重いことです。2つ目はサポートとのチャットが繋がりにくいことです。

■通信速度が遅い口コミまとめ
どんなときもwifiの通信速度に関して「若干遅い?」の口コミは確かに確認できるのですが、それは事前の噂によるイメージが影響していると思われる口コミが目立ちました。
実際に使った感想としては、問題なく快適に使えたとの口コミがほとんどであることが分かります。

 

どんなときもwifiのスペック値の遅さ

どんなときもwifiの通信速度に関する口コミ情報を見てきましたが、実際に通信速度が遅く困っている人はいなくて、全員快適に使えているようです。

ただ、気になる口コミ(評判)として、どんなときもwifiを使用する前の情報として「遅い噂」を聞いていたような口コミが多いことが気になりました。

このどんなときもwifiの「遅い噂」はどこから来ているのでしょうか?

wifiルーター「D1」のスペック値

どんなときもwifiはクラウドSIMという新しい通信方法を採用しているため、他のポケットwifiのように、複数のwifiルーターの中から選ぶことはできず、「D1」というwifiルーターの1択になっています。

気になるのは、この「D1」というwifiルーターのスペック値です。

 
どんなときも
wifii
WiMAX2+
Y!mobile
Pocket WiFi
NTT docomo
Wi-Fi Station
wifiルーター U2s Speed Wi-Fi
NEXTW06
Pocket WiFi
603HW
Wi-Fi STATION
HW-01L
最大通信速度
下り最大:150Mbps
上り最大:50Mbps
下り最大1.2Gbps※
(Wi-Fi接続時最大867Mbps)
上り最大75Mbps※
下り最大
612Mbps
上り最大
37.5Mbps
下り最大1288Mbps
上り最大131.3Mbps

上記wifiルーターのスペック値の比較表からも分かるように、どんなときもwifiが採用している「D1」というwifiルーターの通信速度(スペック値)の遅さが目立つと思いませんか?

この数値をみれば、どんなときもwifiを使う前に「どんなときもwifiの通信速度は遅いかも?」というイメージが先行してしまうのも頷けます。

wifiルーター「D1」の実測値

一方、実際にどんなときもwifiの通信速度を計測すると下記のようになりました。

  9:00(AM) 12:30(PM) 15:30(PM) 21:00(PM)
下り速度 40Mbps 15Mbps 37Mbps 42Mbps
上り速度 22Mbps 24Mbps 22Mbps 19Mbps

※計測値:神奈川県川崎市

仮に最近のポケットwifiを使っている人なら、このどんなときもwifiの実測値を見たらこう思うはずです。

「普通じゃん!」

ちなみに、この実測値は、どんなときもwifiの通信速度が遅いとイメージしてしまったスペック値にも、遠く及ばない数値です。

それでは、なぜ「普通じゃん」と思ったのでしょうか?

実は、wifiのスペック値とは、最適な環境で計測した場合の数値なんです。

例えば、wifi電波の発信基地の目の前で、その電波にあなたしか繋げている人がいなかったら、そのスペック値に近い数値を出せる可能性もあります。

しかし、実際は、あなたはwifi電波の発信基地からはある程度、離れた場所で、人口密集地で多くの人が同じ電波に繋げた状態で使用しているのです。

例えるなら、時速300キロで走るスーパーカーを購入しても、一般道には制限速度があり、そんなにスピードは出せないのと同じですよね(^^;

私の感覚では、現在、様々なポケットwifiの速度を計測しましたが、「30Mbps」も出ていれば、「今日は通信速度が出てるな~」と思える感じなんです。

どんなときもwifiの通信速度に対する「遅さ」のイメージは、どんなときもwifiのwifiルーター「D1」のスペック値から来ている可能性が高いことをご紹介してきました。

続いて、どんなときもwifiの気になるメリットについても徹底分析したいと思います。

>>どんなときもwifiの公式ページはこちらへ

 

どんなときもwifiの気になるメリットを徹底分析

どんなときもwifiの通信速度は遅くなく「普通」であることをご紹介してきました。

それでは、どんなときもwifiの気になる3つのメリットも、正しい情報なのでしょうか?

  1. 完全無制限によるストレス解放
  2. 月額料金が格安3,480円(86,250円)
  3. そのまま使える海外使用
  4. 親切なクーリングオフ制度

ひとつつづ調べてみましょう。

完全無制限によるストレス解放

どんなときもwifiの最大の特徴(メリット)はポケットwifi初の完全無制限です。

どんなときもwifiのサポートセンターも「1TB(1,000GB)を使ったユーザーさんも、通信制限を受けることなく使用できています」との情報もあり、こちらは正確な情報のようです。

さらに、この完全無制限であまり語られないメリットもご紹介しておきます。

それは私のお友達で、どんなときもwifiを契約してこんな事を言っていたのです。

どんなときもwifiを契約してホントに良かったよ!

実は私ね、今まで1日3GBまでの通信制限プランのポケットwifiを契約してたんだけど、1日、何度も残りの通信量をチェックしちゃってて、ホントそれって、凄ーいストレスになるんだよね~。

私はそんなにヘビーユーザーでは無かったんだけど、とにかく気になっちゃんだよね!

だから、完全無制限のどんなときもwifiは、そのストレスから完全に開放されたので、ホント、スッキリしました。

ちなみに、どんなときもwifiのwifiルーターには、液晶画面が無いのが最初は気になったけど、考えてみれば、通信量の残量チェックをしないなら、wifiルーターには液晶画面は必要ないんだよね~

逆に、液晶がないせいなのか?バッテリーの持ちが驚異的!

2週間待ちで届いたけど、ホント、どんなときもwifiと契約して良かった!(^^;

お友達も言っていますが、完全無制限だからと言って、何もヘビーユーザーさんだけにおすすめなのではなく、通信制限によるストレスを与えないという面からは全ての人におすすめなんですよね~

月額料金が格安3,480円(2年間86,520円)!

ポケットwifi史上初の完全無制限なら、さぞかしお値段もお高いのかと察してしまうところです。

しかし、どんなときもwifiの月額料金は、むしろ最安値級なんです。

 
どんなときもwifi
WiMAX2+
(GMOとくとくBB 月額料金割引)
Y!mobile
Pocket WiFi
NTT docomo
Wi-Fi Station
月額料金
ご利用開始月:3,480円の日割り料金
1~24ヶ月:3,480円/月
25ヶ月目以降:3,980円/月
ルーター発送月:2,170円の日割り料金
1~2ヶ月目:2,170円/月
3~36ヶ月目:3,480円/月
37ヶ月目以降:4,263円/月
3,696円/月
※アドバンスオプション:684円/月
4,300円/月~
※契約しているデータ量に応じて変動
2年間の実質料金
86,520円 83,900円 108,120円 103,200円
(docomoオンラインショップで手続きした場合)

上記表は、どんなときもwifiのみ完全無制限という条件なので、公平な分析になっていないのですが、それでもこの価格は破格です。

そのまま使える海外使用

あなたが海外旅行や海外出張が多いのであれば、どんなときもwifiはこれ1台で海外でも使える情報も本当です。

通常であれば、空港でwifiをレンタルするなどの手続きが必要になりいますが、このどんなときもwifiはwifiルーターに電源を入れるだけで、その国のキャリアと契約が成立する簡単さです。

しかし通信料金は別途発生するので注意が必要です。

su_note note_color="#feffc2" text_color="#000000"]

■どんなときもwifiの海外使用の注意点
どんなときもwifiを海外で使用する際は、特に手続きは必要ありません。wifiの電源をONにした時点で手続きが完了になる仕組みになっています。
また海外で利用する際は別途料金が発生するので覚えておいてくださいね。そして無制限ではなくなるので注意が必要です。

エリア 料金 制限
エリアA 1,280円/1日あたり 1日1GBまで
エリアB 1,880円/1日あたり

また1日の区切りは夜中の0時ではなく、AM9時~翌日8時59分になりますので、ご注意くださいね。

[/su_note]

使用できる国を料金別(エリア別)に一覧表にしました。

エリアA 国名
北米 アメリカ合衆国・カナダ
オセアニア・アジア オーストリア・ベルギー・スイス・チェコ・ドイツ・スペイン・フィンランド・フランス・ギリシャ・イタリア・オランダ・ポルトガル・ロシア・トルコ・スロベニア・リヒテンシュタイン・モナコ・キプロス・ハンガリー・ラトビア・ポーランド・スウェーデン・ウクライナ・エストニア・クロアチア・リトアニア・ルクセンブルク・セルビア・ノルウェー・アイルランド・アルバニア・デンマーク・スロバキア・イギリス・サンマリノ・バチカン市国・ブルガリア・アイスランド・マルタ・ルーマニア・オーランド諸島
ヨーロッパ 中国・香港・韓国・台湾・オーストラリア・オーストラリア・ニュージーランド・シンガポール・タイ・ベトナム・フィリピン・マレーシア・インドネシア・カンボジア・ミャンマー・モンゴル・ラオス・ネパール・インド・スリランカ・バングラデッシュ・カザフスタン・パキスタン・グアム・サイパン・フィジー
エリアB 国名
中米・南米 メキシコ・プエルトリコ・コロンビア・エクアドル・ウルグアイ・ブラジル・アルゼンチン・パナマ・コスタリカ・グアテマラ・ペルー・ボリビア・チリ・ニカラグア・エルサルバドル・ドミニカ共和国
アフリカ 南アフリカ共和国・モロッコ・エジプト・ナイジェリア・西サハラ・ガーナ・タンザニア・ザンビア・チュニジア・アンゴラ・アルジェリア・モーリシャス・ケニア
中東 イスラエル・ナイジェリア・UAE ・カタール・ヨルダン・サウジアラビア・イエメン・バーレーン

親切なクーリングオフ制度

ここまで色々と、どんなときもwifiのメリットについてご紹介してきました。

どんなときもwifiの気になるデメリットとしては、初期費用と解約料金が発生することです。

内容 費用(税別)
事務手数料(初月) 3,000円
解約料金(0~12カ月目) 19,000円
解約料金(13~24カ月目) 14,000円
25カ月目 無料
26ヶ月目以降 9,500円

なので、契約する際は、やはり慎重に行った方が良さそうです。

ただし、慎重になり過ぎても、ポケットwifiの契約はできないものです。

そんなあなたに朗報です。

どんなときもwifiに限らず、wifi契約全般には「初期契約解除」という制度があることを覚えておいてください。

2016年に電気通信事業法が改正され、wifiやスマホの契約などにもクーリングオフ制度が適用されるようになったのです。

このクーリングオフ制度が適用されることで、8日以内に端末を返品すれば解約料金なしでキャンセルすることができます。

例えば、あなたの期待した速度が、どんなときもwifiで出ない場合など、8日以内にキャンセルの手続きを行えばOKなんです。

しかし、当然ながらwifiのクーリングオフ制度には対象外もあります。

例えば「やっぱりこっちのwifiの方が良いな~」というような個人的な理由はクーリングオフ対象外です。

また頻繁にクーリングオフ制度を利用すると、ブラックリストに登録されるとも言われてますので、悪質にこの制度を使うのはやめてくださいね。

初期契約解除の具体的なやり方

下記の2つの手続きが必要になります。

  1. 商品を受け取った日から8日以内に電話or書面で初期契約解除の申請をする行う
  2. 商品を受け取った日から8日以内に端末一式を返却先に郵送で返却する

つまり、初期契約解除で解約しますと伝え、wifiルーター等を返送するだけなんです。

どんなときもwifiの場合、専用のフォーマットがダウンロードできるので、必要事項を記入して端末一式に同梱して郵送すれば大丈夫です。

>>どんなときもWi-Fiのサポートサイトはこちら

返送先
〒141-0022
東京都品川区東五反田1-2-33-7F
グッドラックサポートセンター

■注意点
初期費用3,240円と端末を返送する送料は自己負担になります。

>>どんなときもwifiの公式ページはこちらへ

一人暮らしに嬉しい最短即日発送

一人暮らしの場合、wifiの最短即日発送は嬉しいサービスなんです!

実際に一人暮らしが始まると、その寂しさから、今まで以上にお友達やご家族に連絡を取ったり、YouTubeを見たりと、wifi利用が急激に高まります。

そして気づけば、「ギガ不足」になり、あなたの一人暮らしにあったwifi契約探すことが求めれるんです。

そんな時に、wifiが開通するまでに1週間以上なんて、問題外はんですよね・・・

だから、wifi契約を決めたら、最短で発送してくれるのは嬉しい限りです。

>>どんなときもwifiの公式ページはこちらへ

 

どんなときもwifiの口コミ

続いて「どんなときもwifi」を実際に契約した多くのユーザーさん達からは、どのような口コミ(評判)があるのでしょうか?

ツイッターに上がっている「どんなときもwifi」の口コミをまとめましたので、ご参考ください。

悪い評判(口コミ)

docomoの電波ほぼほぼ拾えない

使い放題で安いからええけど、docomoの電波ほぼほぼ拾えなくて、陸にいる時は使い勝手いいけど海の上だと全く入らないから、ソフトバンク電波のフジWiFiとあんまり変わらんない

二回目の納期遅れに、うんざり

6/21には必ず届くと聞いたので現在契約中の回線の解約手続きを済ませましたが、、、6/19に7月上旬以降のお届けになりますとメールが来ました。事情があるにしろ二回も納期遅れをされるとどんなにサービスが良くても使いたくないですよ。って事で先ほど申し込み取り消ししました。

【悪い口コミのまとめ】

3キャリア使えると宣伝していますが、実際はsoftbankの電波をメインに使うようですね~。なので「どうしてもdocomoが良い!」みたいな人にはおすすめできないかも?

また、あまりの人気で納品遅れが深刻みたいですね~。もし現在、契約されているwifiがあるのなら、「どんなときもwifi」が手元に届いてから解約しましょう。

■こんな人におすすめ

>>3キャリアの電波なら、どこでも良い人(拘りなし)

>>急いで契約しなくても良い人(納品遅れが深刻)

良い評判(口コミ)

どこでも繋がるのは本当にありがたや!

どんなときもWiFiに変えたぜ〜 前のWiMAXは田舎じゃ繋がらんし市内でも部屋の中は当然だけど繋がらない(笑) 速さでは一歩譲るが、どこでも繋がるのは本当にありがたい ヤベ〜手放せんwww

通信速度も体感的にはWiMAXと変わらない

今までWiMaxのモバイルルーターを使っていたのですが、スゲエ奴が出たとのことで買い換えてみました。 「どんなときもWiFi」 3日で10GBなどの通信制限が一切なく、大手キャリア3社の回線を使うため地下鉄などでも利用でき、通信速度も体感的にはWiMAXと変わらない。 これは良い!

バッテリーの持ちも強烈

マジで凄いわ。速度の安定と値段の安さ。バッテリーの持ちも強烈やし、何やこのエクスカリバーみたいやアイテムは!

今人気がすごいらしい

そういえば どんなときもwifi 使って2週間?経ちましたが、控えめに言って 「最高」 本当に どんなときもwifi です。 ただ今人気がすごいらしい。どうか「利用制限なし」が「制限あり」になりませんように。

速度は感動モノ

ルーターが届きました♪ ネット環境の無い田舎で、 楽天モバイルの低速モード 1Mbpsで生活していたので この速度は感動モノです!涙

絶対これが1番

3キャリアの携帯電波が入るとこならどこでも繋がる。使い放題!1日何ギガとかの縛りもなし!めっちゃえいやん!3種類wifii使ったけど、絶対これが1番!そのまま使えるコレ持って、海外行きたーい‼︎笑

固定回線が不要に!

WiMAXが3日で10GBと制限があるのに対して、どんなときもwifi はどれだけ使っても完全無制限。気になる速度もエリアも全然問題なかったので、これからは光もWiMAXも要らないかも...

AmazonPrime気兼ねなく利用

1ヶ月使っての感想。家での使用は問題なし。普通のネット利用はもちろん、動画系も途切れなし。これで容量制限無しは本当にありがたい。AmazonPrime気兼ねなく利用できる。

【良い口コミのまとめ】

通信速度はWiMAXと変わらない体感!田舎でも繋がるようです。またバッテリーの持ちが良いとのコメントは多数あり!

Amazonプライムビデオなど思いっ切り鑑賞できるみたいで、固定回線がいらなくたったとのコメントもありました。

■こんな人におすすめ

>>田舎暮らしでポケットwifiの電波が届かなかった人

>>ポケットwifiの充電にストレスを感じていた人

>>ネットの契約を1つにまとめたい人(固定回線の解約)

>>どんなときもwifiの公式ページはこちらへ

 

まとめ:「どんなときもwifi」がおすすめな人

現在、予約待ちになるほどの大人気な「どんなときもwifi」です。

今回のテーマであった「通信速度の遅さ」は、どんなときもwifiのwifiルーター「D1」のスペック値から派生した可能性が高いことが分かりました。

一方で、その人気の最大の理由は、ポケットwifi初の「完全無制限」という条件です。

しかし、解約料金が高額(最大19,000円)に設定されているのが、気になるデメリットでもあります。

よって、どんなときもwifiがおすすめな人とは・・・、

  1. 大量のデータ通信量(1日3GB以上)を必要とする人
  2. データ通信量にストレスを感じたくない人
  3. ポケットwifiのバッテリー切れを良く起こす人
  4. 解約料金19,000円はwifiの勉強代と考えられる人

一人暮らしにおすすめなwifiとして、デメリット(解約料金の最大19,000円)があるものの、完全無制限wifiとして、月額3,480円は「アリ」です。

是非、ご検討ださいね。

どんなときもwifiがおすすめな人

どんなときもwifiがおすすめな人とは・・・
1.大量のデータ通信量(1日3GB以上)を必要とする人
2.データ通信量にストレスを感じたくない人
3.解約料金19,000円はwifiの勉強代と考えられる人
>>どんなときもwifiの公式ページはこちらへ

 

-どんなときもwifi

Copyright© 一人暮らしのおすすめwifi生活│格安インターネット2019 , 2019 All Rights Reserved.