どんなときもwifi

どんなときもwifiの電池残量のチェック方法はどうやるの?

投稿日:

本サイトは、一人暮らしにおすすめなwifiを、現在一人暮らし実践中の私が、様々な角度で紹介しています。

一人暮らしであるあなたのwifi選びに、是非ご参考いただけると嬉しいです。

あなたは、現在、予約待ちになるほど人気のあるポケットwifi「どんなときもwifi」が気になってますよね?

そして、どんなときもwifiでレンタルされているwifiルーターを見て、「液晶画面が無い」ことに気付いて・・・、

「あれ?どんなときもwifiの電池残量のチェックは、どうするのか?」気になりましたよね?

そこで今回は、どんなときもwifiの電池残量の確認方法について、ご紹介します。

この記事を参考にすることで、あなたは考えもしなかった、どんなときもwifiのメリットを知ることができることでしょう。

どんなときもwifiがおすすめな人

どんなときもwifiがおすすめな人とは・・・
1.大量のデータ通信量(1日3GB以上)を必要とする人
2.データ通信量にストレスを感じたくない人
3.解約料金19,000円はwifiの勉強代と考えられる人
>>どんなときもwifiの公式ページはこちらへ

どんなときもwifiの電池残量の確認方法

普通のポケットwifiなら、電池残量のチェックはポケットwifiの液晶画面で行いますよね?

ところが、どんなときもwifiののwifiルーター「D1」に電池残量をチェックするための液晶画面がないのです。

それでは、どのように電池残量をチェックすれば良いのでしょうか?

概算チェック:wifiルーターのLEDで確認する方法

端末の電源が入った状態で電源スイッチを軽く一回押すと、LEDが電池残量にあわせて点灯するので確認する事ができます。

シンプルですが分かりやすいのですが、あくまでも概算で確認する感じです。

また一旦点灯したLEDは、しばらくすると消灯します。

 

どんなときもwifiの電池残量チェックは、ほとんど必要ない事実

そもそも、ポケットwifiの液晶画面って何の為に使うと思いますか?

液晶画面を使った確認内容 確認内容
頻繁に確認する内容 データ残量チェック(データ容量に制限がある場合)
電池残量チェック
wifi電波が来ているか?(圏内なのか?)
確認できるけど確認しない内容 2.4GHzと5GHzの変更
パスワードの確認・変更
wifiに繋がっている周辺機器の台数
LTEオプションを使う時(切換え)

上記一覧表からも分かるように、ポケットwifiの液晶画面で確認している内容なんて、ほとんど無いことが分かります。

しかも、どんなときもwifiは、完全無制限なので、データ残量チェックする機会もありません。

またクラウドSIMを採用していることから、ほぼ圏外になることもありません。

そして、どんなときもwifiの電池の持ちは、桁違いに良いとしたらどうでしょうか?

なんと!連続12時間の使用ができるんです!

ちなみに、待ち受け状態じゃないんですよ!

もちろん、個人差はありますが、この連続12時間の使用可能なレベルは、通常1日で使い切る量ではなく、複数日使用が可能なことを意味します。

つまり、どんなときもwifiの電池残量が、あとどのくらい?なん知りたくなることも少なく、wifiルーターについたLEDでチェックする程度で充分なんです。

豆知識:ポケットwifiの電池比較

 
どんなときもwifi
WiMAX2+
Y!mobile
Pocket WiFi
NTT docomo
Wi-Fi Station
機種名
D1 Speed Wi-Fi NEXT
W06
Pocket WiFi
603HW
Wi-Fi STATION
HW-01L
電池容量 3,500 mAh 3,000mAh 2,400mAh 3,000mAh
連続使用時間 12時間 9時間 6時間 6時間

上記一覧表を見ても分かるように、確かに、どんなときもwifiのwifiルーター「D1」の電池容量は大きいです。

しかし、wifiルーターの電池容量の比較以上に、連続使用可能時間は、他のwifiルーター以上に長くなっています。

この原因としては、液晶画面がないことでの電力消費減も影響していると思われます。

どんなときもwifiの電池残量に関する口コミ

バッテリーの持ちも強烈

マジで凄いわ。速度の安定と値段の安さ。バッテリーの持ちも強烈やし、何やこのエクスカリバーみたいやアイテムは!

 

どんなときもwifiのその他のメリット

どんなときもwifiの電池は持ちも良く、頻繁に電池残量を確認するなどのストレスも少ない事をご紹介してきました。

またクラウドSIMによる完全無制限と繋がり易さと実現しました。

それでは、どんなときもwifiのその他のメリットはないのか?ひとつづつ確認していきたいと思います。

海外でも使える

あなたは海外へ出張や旅行に行く計画はありませんか?

最近日本にやって来る外国人旅行客も、wifiは必須のようで、スマホ片手に、色々な観光情報を入手しているみたいです。(日本人は英語が苦手って分かってるみたい(^^;)

ということは、私達が外国に出張や旅行に行く際は、同様のことが言えるわけで、ポケットwifiは必須になります。

この場合、通常、日本で使っていたポケットwifiは海外で使用することはできません。

しかしクラウドSIMを採用した、どんなときもwifiは、なんの手続きも必要とせず海外で利用することができちゃいます。

どんなときもwifiの海外使用の注意点

どんなときもwifiを海外で使用する際は、特に手続きは必要ありません。

wifiの電源をONにした時点で手続きが完了になる仕組みになっています。

また海外で利用する際は別途料金が発生するので覚えておいてくださいね。

そして無制限ではなくなるので注意が必要です。

エリア 料金 制限
エリアA 1,280円/1日あたり 1日1GBまで
エリアB 1,880円/1日あたり

また1日の区切りは夜中の0時ではなく、AM9時~翌日8時59分になりますので、ご注意くださいね。

エリアA 国名
北米 アメリカ合衆国・カナダ
オセアニア・アジア オーストリア・ベルギー・スイス・チェコ・ドイツ・スペイン・フィンランド・フランス・ギリシャ・イタリア・オランダ・ポルトガル・ロシア・トルコ・スロベニア・リヒテンシュタイン・モナコ・キプロス・ハンガリー・ラトビア・ポーランド・スウェーデン・ウクライナ・エストニア・クロアチア・リトアニア・ルクセンブルク・セルビア・ノルウェー・アイルランド・アルバニア・デンマーク・スロバキア・イギリス・サンマリノ・バチカン市国・ブルガリア・アイスランド・マルタ・ルーマニア・オーランド諸島
ヨーロッパ 中国・香港・韓国・台湾・オーストラリア・オーストラリア・ニュージーランド・シンガポール・タイ・ベトナム・フィリピン・マレーシア・インドネシア・カンボジア・ミャンマー・モンゴル・ラオス・ネパール・インド・スリランカ・バングラデッシュ・カザフスタン・パキスタン・グアム・サイパン・フィジー
エリアB 国名
中米・南米 メキシコ・プエルトリコ・コロンビア・エクアドル・ウルグアイ・ブラジル・アルゼンチン・パナマ・コスタリカ・グアテマラ・ペルー・ボリビア・チリ・ニカラグア・エルサルバドル・ドミニカ共和国
アフリカ 南アフリカ共和国・モロッコ・エジプト・ナイジェリア・西サハラ・ガーナ・タンザニア・ザンビア・チュニジア・アンゴラ・アルジェリア・モーリシャス・ケニア
中東 イスラエル・ナイジェリア・UAE ・カタール・ヨルダン・サウジアラビア・イエメン・バーレーン

 

クーリングオフに優しい

続いてご紹介する「どんなときもwifi」のメリットは、クーリングオフです。

どんなときもwifiの気になるデメリットの記事でもご紹介した、初期費用と解約料金があります

内容 費用(税別)
事務手数料(初月) 3,000円
解約料金(0~12カ月目) 19,000円
解約料金(13~24カ月目) 14,000円
25カ月目 無料
26ヶ月目以降 9,500円

しかし、クーリングオフについては、非常に親切になっています。

 

どんなときもwifiに限らず、wifi契約全般には「初期契約解除」という制度があります。

これは、2016年に電気通信事業法が改正され、wifiやスマホの契約などにもクーリングオフ制度が適用されるようになったのです。

このクーリングオフ制度が適用されることで、8日以内に端末を返品すれば解約料金なしでキャンセルすることができます。

例えば、あなたの期待した速度が、どんなときもwifiで出ない場合など、8日以内にキャンセルの手続きを行えばOKなんです。

※ポケットwifiの中には、クーリングオフできたとしても、「wifiルーターは買取」など厳しい制限があるポケットwifiも存在するので、どんなときもwifiは非常に良心的です。

しかし、当然ながらwifiのクーリングオフ制度には対象外もあります。

例えば「やっぱりこっちのwifiの方が良いな~」というような個人的な理由はクーリングオフ対象外です。

また頻繁にクーリングオフ制度を利用すると、ブラックリストに登録されるとも言われてますので、悪質にこの制度を使うのはやめてくださいね。

初期契約解除の具体的なやり方

下記の2つの手続きが必要になります。

  1. 商品を受け取った日から8日以内に電話or書面で初期契約解除の申請をする行う
  2. 商品を受け取った日から8日以内に端末一式を返却先に郵送で返却する

つまり、初期契約解除で解約しますと伝え、wifiルーター等を返送するだけなんです。

どんなときもwifiの場合、専用のフォーマットがダウンロードできるので、必要事項を記入して端末一式に同梱して郵送すれば大丈夫です。

>>どんなときもWi-Fiのサポートサイトはこちら

返送先
〒141-0022
東京都品川区東五反田1-2-33-7F
グッドラックサポートセンター

■注意点
初期費用3,240円と端末を返送する送料は自己負担になります。

>>どんなときもwifiの公式ページはこちらへ

どんなときもwifiのデメリットについても詳しく紹介しています。
>>【注意】どんなときもwifiの3つのデメリット│一人暮らしにもおすすめできる?

まとめ:「どんなときもwifi」がおすすめな人

現在、予約待ちになるほどの大人気な「どんなときもwifi」です。

その人気の最大の理由は、ポケットwifi初の「完全無制限」という条件です。

しかし、解約料金が高額(最大19,000円)に設定されているのが、気になるデメリットでもあります。

よって、どんなときもwifiがおすすめな人とは・・・、

  1. 大量のデータ通信量(1日3GB以上)を必要とする人
  2. データ通信量にストレスを感じたくない人
  3. ポケットwifiのバッテリー切れを良く起こす人
  4. 解約料金19,000円はwifiの勉強代と考えられる人

一人暮らしにおすすめなwifiとして、デメリット(解約料金の最大19,000円)があるものの、完全無制限wifiとして、月額3,480円は「アリ」です。

是非、ご検討ださいね。

どんなときもwifiがおすすめな人

どんなときもwifiがおすすめな人とは・・・
1.大量のデータ通信量(1日3GB以上)を必要とする人
2.データ通信量にストレスを感じたくない人
3.解約料金19,000円はwifiの勉強代と考えられる人
>>どんなときもwifiの公式ページはこちらへ

-どんなときもwifi
-, ,

Copyright© 一人暮らしのおすすめwifi生活│格安インターネット2019 , 2019 All Rights Reserved.