一人暮らし女性の防犯対策

空き巣犯が嫌がる「光による防犯対策をした家」とは?│女性の一人暮らし必見!

更新日:

あなたは、一人暮らしになって、空き巣などの犯罪に巻き込まれるのでは?と悩んでいますよね?

そこでこの記事では、空き巣犯が、嫌がる、狙わない「光による防犯対策」とは?についてご紹介します。

この記事を参考にすることで、あなたの一人暮らしの防犯対策が、さらに強固になることでしょう。

空き巣犯が嫌がる「光による防犯対策」とは?

もし、あなたが空き巣犯だったとして、下記のAとBの2つの家のうち、どちらを空き巣のターゲットに狙いますか?

■人感センサーライト編

  • A:玄関の前に立ったら、人感センサーのライトに照らされる家
  • B:玄関の前に立ったも、真っ暗のままの家

■外観の窓の明かり編

  • A:リビングに光(証明)がある家
  • B:真っ暗な家

基本的に空き巣犯は犯行に及ぶ前、下見をしていると言われています。

その際、上記A,Bの2つの家があったら、間違いなく、「B」の家をターゲットにしますよね?

人感センサーライト編

もし、あなたが空き巣犯だったとして、玄関に近づいただけで、人感センサーによるライトに照らされたら、何を思いますか?

おそらく、この家は、防犯対策がしっかりとされた家に地がいない!面倒だから、他の家にしよう!

と思いませんか?

仮に人感センサーライト以外、なんの防犯対策をしていなくても、空き巣犯からは、防犯対策をバッチリと備えた家に見えるのです。

ちなみに、私の場合、比較的新しい物件であったため、最初から玄関には人感センサーライトの設備があり、玄関前に立つと、その人を照らすことも出来ました。

しかし、最初は、この人感センサーライトによる抑止力を知らず、贅沢品と思い、節電のためと言って、人感センサーを切っていました。

やはり、一人暮らしをする上で、最初に防犯面はちゃんと学んだ方が良いですね!

 

もし、あなたの暮らしている物件の玄関先に人感センサーが無ければ、ソーラー充電が可能なタイプがおすすめです。

ソーラー充電タイプの人感センサーライトは、配線などを考慮することなく、自由に設置が可能です。

 

外観の窓の明かり編

もし、あなたが空き巣犯だったとして、リビングらしき窓に明かりが灯っていたらどうしますか?

ひとまず、この家には、現在、人がいる!と判断しますよね?

仮に、電気の消し忘れの可能性もありますが、その可能性にかけるよりも、その他の真っ暗な家に、ターゲットは変えますよね?

こんな時におすすめな防犯商品が留守番機能付き照明です。

おそらく、あなたの部屋から、誰もいなくなる条件として、お仕事のケース以外に、帰省による長期不在もありませんか?

つまり、一人暮らしの方は、家の不在時間は長めになり、それだけ空き巣に狙われる機会も多くなるのです。

この不在かどうかの判別は、窓から漏れる明かりなんです。

だからと言って、数日間も24時間、明かりが点灯していては、それはそれで不自然ですよね?

そう言ったニーズに対応したのが「留守番機能付き照明」なんです。

留守番機能付き照明は、設定時刻に自動で点灯・消灯をランダムに設定することができるため、留守中も、在宅を装い、防犯対策に繋がります。

 

一人暮らしの女性の防犯対策は万全に!

いかがでしょうか?

このように空き巣犯が嫌がる「光による防犯対策をした家」とは、空き巣犯が犯行に及ぶ前に、その気力を喪失させるために有効です。

よって、センサーライトや、留守番機能付き照明などで、空き巣犯に警告することで、さらに抑止力効果を発揮します。

しかし、残念ながら、空き巣犯に対して、その警告も無視され、侵入されてきた場合は、どうしましょう?

そこで、続いてご紹介したいのは、空き巣犯が部屋に侵入した場合の防犯対策です。

女性の一人暮らしの防犯対策に限った話ではありませんが、空き巣の防犯対策は、空き巣犯が侵入して来ない為の防犯対策と、侵入してきた場合の防犯対策の2つに分けた方が効果的です。

2つの防犯カメラでセキュリティ強化

女性の一人暮らしの窓ガラスが破壊され、空き巣犯が部屋に侵入してきたらどうしましょう?

そんな心配をお持ちの、あなたにおすすめなのは、室内用の2つの防犯カメラです。

ちなみに・・・、

空き巣犯が盗んでいくところを撮影したところで、盗まれる事実は変えられないじゃん!それよりも、盗まれない対策に投資したいと思いましたか?

しかし、次のように考えると、あなたの防犯対策が少し変わってきます。

それは、空き巣犯が盗んで行くものは、通帳や金品ばかりとは限らないということです。

女性の一人暮らしであれば、なおさら・・・、

あなたのプライバシーも盗みたいと思う空き巣犯も多くいるのです。

つまり、一人暮らしの女性として、空き巣犯が、盗聴器や盗撮器を部屋に仕掛けるかもしれない?ということまで想定しなければいけません。

しかし、実際に空き巣犯に侵入されると、盗まれたものはある程度分かったとしても、盗聴器や盗撮器が仕掛けられたか?については、素人では判別ができませんよね?

よって、心配であれば、高額な出費が伴いますが、専門業者に盗聴器や盗撮器が仕掛けられていないか?確認してもらう事も必要になってきます。

そこで今回は、このような事にならないように、女性の一人暮らしにおすすめしたい2つの防犯カメラをご紹介します。

  1. 抑止力効果を期待した防犯カメラ
  2. 証拠映像を撮影するための防犯カメラ

自動追尾型防犯カメラで抑止力効果を狙う

まずご紹介する、女性の一人暮らしにおすすめの防犯カメラは、抑止力効果のある防犯カメラです。

なんと、動くものを自動追尾する防犯カメラなんです。

 

空き巣犯が最も嫌がるのは「見られている」ということです。

普通の感覚であれば、この自動追尾する防犯カメラに気付いただけで、空き巣犯は逃げていく可能性は高いです。

しかし、もしこの防犯カメラを破壊されたら?どうなるんでしょう?

なんと、この防犯カメラは撮影した動画をクラウド上に録画してくれるため、破壊する瞬間までの映像を撮影することができるんです。

よって、のちのち警察との事情聴取の際、この動画は役に立つのです。

ちなみに、この防犯カメラは、侵入者があればスマホに通知されるので、警察に連絡するなどの対応が可能です。

YouTube動画もあったので、参考にしてみてくださいね

 

>>自動追尾の防犯カメラについて、さらに詳しく

 

電球型防犯カメラで一部始終を撮影する

上記でご紹介した防犯カメラだけでも、一人暮らしの女性には充分に役立つ防犯アイテムなのですが・・・、

防犯カメラを破壊されたら、その後の空き巣犯の行動が分かりません。

つまり、盗聴器や盗撮器を仕掛けたのか?分からないのです。

こんな時は、部屋全体を見渡せる隠しカメラが有効です。

なんと、その防犯カメラは、部屋の電球にカモフラージュしているんです。

 

防犯カメラが、電球にカモフラージュすることから、電源の確保と、部屋全体を見渡せる場所の確保の両方を可能にしてくれる優れものです。

 

よって、この電球型の防犯カメラを追加で設置することで、1つ目の防犯カメラを破壊した後も、空き巣犯の行動を撮影してくれるのです。

つまり、一人暮らしの女性が、最も嫌う、盗聴器や盗撮器を仕掛ける瞬間も動画として撮影する可能性が非常に高いのです。

いかがですか?

ココまで読み進めていただいたあなたは、女性の一人暮らしとして、注意したいポイントが見えてきませんか?

こちらの商品もYouTube動画があったので、参考にしてみてくださいね

 

>>電球型の防犯カメラについて、さらに詳しく

 

今回ご紹介した2つの防犯カメラは、部屋の中にwifi環境が必要です。

本サイトでも、一人暮らしにおすすめなwifiとして、現在イチオシのwifiは「縛りなしWiFi」です。

一人暮らしに大絶賛!『縛りなしwifi』

初期費用0円、解約料金0円は、もうあたり前!
月額3,300円(縛りあり月額2,800円)
~現時点最強!これ以上のwifiはございません~
>>「縛りなしwifi」の詳細はこちらへ

まとめ

いかがでしたか?

今回は「空き巣犯が嫌がる「光による防犯対策をした家」とは?│女性の一人暮らし必見!│一人暮らし女性の防犯対策」についてご紹介してまいりました。

一人暮らし女性の防犯対策は、まず犯罪の手口を知ることから始め、防犯対策の必要性を改めて確認して欲しいです。

そして、あなたの部屋に侵入されない為の防犯対策と、侵入された場合の防犯対策の両面で検討していくことをおすすめいたします。

また本ブログでは、女性の一人暮らしの防犯対策として、その他、様々なアイテムもご紹介していますので、ご参考いただけると幸いです。

>>一人暮らしで鍵の閉め忘れでお悩み中のあなたへ!

>>女性の一人暮らしでインターホンに出ないのは何故?

-一人暮らし女性の防犯対策
-, ,

Copyright© 一人暮らしで始めるwifi生活│おすすめの格安インターネット2019 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.