一人暮らしのおすすめポケットwifi生活│格安インターネット2019

一人暮らし実践者がおすすめするポケットwifiの選び方

wifiのノウハウ

wifiがGPS代わりになる?位置情報の精度がなぜ上がるのか?

投稿日:

本サイトは、一人暮らしにおすすめなwifiを、現在一人暮らし実践中の私が、様々な角度で紹介しています。

一人暮らしであるあなたのwifi選びに、是非ご参考いただけると嬉しいです。

wifiで位置情報の精度が、なぜ上がるのか?不思議に思っていませんか?

そこでこの記事では、wifiで位置情報の精度がなぜ上がるのか?分かり易くご紹介します。

この記事を参考にすることで、wifiの必要性をさらに感じていただけることでしょう。

おすすめ

「一人暮らしにおすすめのポケットwifiランキング2019年(下半期)」を一人暮らし実践者の私がご紹介します。多種多様なポケットwifiの中から、一人暮らしのあなたにあった、ポケットwifiを、リアルタイムに選んでいます。

wifiで位置情報の精度が上がる?

ひと昔前のカーナビは、トンネルに入ると機能しなくなり使いものにならなかったのをご存知ですか?

マップ上ではトンネルの入口に止まったままになりました。

なぜなら、カーナビは人工衛星のGPS機能を利用しているため、トンネルに入るとGPSの電波を受信できなくなるためです。

トンネル内でも動くスマホのGPS

そして最近は、スマホのマップ機能が進化し、カーナビ代わりに使っている人も多いのではないでしょうか?(実際、カーナビの販売台数も減少傾向)

このスマホのマップ機能でドライブをする方なら、お気づきの方も多いと思いますが、実はトンネルに入っても、位置情報を受信し、マップ上のトンネル内を正確に移動していくのです。

不思議と感じていた方も多いのではないでしょうか?

スマホの「A-GPS」

なぜトンネル内でも、スマホのナビゲーションが動くのか?

実は、スマホは通常のGPSに加え、携帯電話基地局にアクセスし位置情報を取得しているのです。

よって、通常のGPSのみの場合よりも、より正確に現在地を割り出すことができます。

この機能は「A-GPS」という仕組みで、Aは「assist」の“補助”を表しています。

wifiを有効にするだけGPSの精度がアップする?

さらに、スマホの位置情報はwifiを受信することで、さらに精度を高めているのです。

ちなみに、スマホを操作しているとこんな説明を見た人も多いはずです。

「正確な位置情報を利用するにはwifiが必要です」

wifiの電波には、位置情報のデータベースが構築されているんです。

つまりwifiの電波から取得した位置情報と、携帯電話基地局からの位置情報を組み合わせて、さらに精度の高い位置情報を割り出しています。

しかし、街中にあるwifiのアクセスポイントはセキュリティの関係でパスワードによって守られているので、簡単にアクセスできないと思われた方も多いはずです。

ところが、Wi-Fiに接続していなくても、Wi-Fi機能をオンにするだけでWi-Fiのアクセス・ポイントから送信される位置情報は取得できるんです。

だから、スマホでGoogleマップのような位置情報認識アプリを利用する際は、「wifiを有効」にするだけで、GPSの精度がアップするのは、このためなんです。

ポケットwifiの位置情報の精度は大丈夫?

ここで、あなたはちょっと疑問になったかもしれません。

持ち運びに便利なポケットWiFiの位置情報は、正しくないのではないか?

ズバリ!その通りなんです。

ポケットwifiは移動してしまうと、リアルタイムに正確な位置情報が得られていない可能性があります。

ここから先は、私の経験上のお話なんですが・・・

スマホ単独でGPSを動かす場合よりも、ポケットwifiを使った方が精度が高くなります。

特にトンネル内に入った時は、スマホ単独ではGPS機能がうまく働かない時でも、ポケットwifiに繋げると、トンネル内でも測位を開始するんです。

おすすめのポケットwifiの記事はこちら
>>一人暮らしが選ぶポケットwifi!2019下半期【徹底比較】

 

位置情報の精度をアップするポケットwifi

このように位置情報まで割り出してくれる「wifi」ですが、スマホをカーナビとして使う際も、その能力を発揮させるためにも、wifiは、持ち運べるポケットwifiがおすすめです。

それでは具体的に、どのようなポケットwifiが、一人暮らしのあなたにはおすすめなのでしょうか?

そこで、一人暮らし4年目!数々のwifi契約で失敗してきた私が、絶対に失敗しない、おすすめのwifi契約を3つをランキング形式でご紹介します。

2019年下半期ランキング(3選)

ポケットwifiランキング2019下半期 メリット デメリット
1位:どんなときもwifi ・完全無制限
・繋がり易い4G回線
・繋がり易いクラウドSIM
・最安級の月額料金3,480円
・解約料金:最大19,000円
・初期費用:3,000円
2位:縛りなしWiFi ・解約料金・初期費用:0円
・最安級の月額料金3,300円
・無制限ではない
・1日2GBまで

・回線が選べない(4GかWiMAX)
3位:SPACE wifi ・解約料金・初期費用:0円
・最安級の月額料金3,680円
・無制限ではない
・4G回線:1日3GBまで
・WiMAX:3日で10GBまで
・回線が選べない(4GかWiMAX)

現在、多種多様なポケットwifiが出回っていますが、この3つのポケットwifiを押さえておけば、まず間違いありりません。

それでは、ひとつづつご紹介します。

1位:どんなときもwifi

第1位

どんなときもwifi

どんなときもWiFi

ポケットwifi初!完全無制限を実現したのは「どんなときもwifi」だけ!しかも月額料金はポケットwifi最安値級3,480円!現在、一番人気のポケットwifiです。
どんなときもwifiは8日以内であれば気軽に解約できる独自のクーリングオフ(初期契約解除)があるので、迷う前に申し込んでも損は無し!

特徴 概要
メリット ポケットwifi史上初!「完全無制限」
・繋がり易い4G回線
・繋がり易いクラウドSIM
・最安級の月額料金3,480円
デメリット 年縛り契約になっている
※解約料金:12カ月まで19,000円/13~24カ月:14,000円
・初期費用:3,000円
※解約には指定月が設定されている(25カ月目のみ)

 

どんなときもwifiの「メリット」

それでは、どんなときもwifiの「メリット」についてご紹介します。

 

■完全無制限(使い放題)

上記では完全無制限のポケットwifiは無い!とご紹介しましたが、正確には2019年2月までのお話です。

なんと、2019年3月より、ついに完全無制限のポケットwifiがサービスを提供開始しました。

それが「どんなときもwifi」なんです。

つまり、現状としては、完全無制限(使い放題)で使用できるポケットwifiは、どんなときもwifi以外にはないんです。

よって、どんなときもwifiは、ポケットwifiルーターの入荷が間に合わず、時々、予約待ちになる程の人気ぶりなんです。

どんなときもwifiって、CMもやってない?聞いたことあるよ!

あなた

しかし、ココまで人気があると、利用者も多くなり、色々と制限が追加されていくのが、これまでのポケットwifiの歴史なんです。

そこで気になった私は、どんなときもwifiのサポートセンターに問い合わせてみました。

 

運営者

つかぬことを伺いますが~

どんなときもwifiなんですが、これまでのポケットwifiのように、利用者が増えていけば、色々と規制されることになるんですよね?

完全無制限なんて、今だけなんでしょ?

 

お問い合わせありがとうございます。

どんなときもwifiは「クラウドSIM」という次世代型のポケットwifiです。

クラウドサーバーに挿入されている膨大な数のSIMから、最適なSIMを1台につき1枚随時自動選択しています。

つまり、これまでのように、1枚のSIMのパフォーマンスに依存することがありません。

よって、契約者数が増加したとしても他のユーザーの利用数や利用量に影響を受けることがない仕組となっております。

したがって、今後加入者増加による速度低下や通信制限はございませんのでご安心ください

サポート

ちなみに、どんなときもwifiのサポートセンターでは、1カ月に1TB(1000GB)を利用したお客様も、通信制限を受けることは無かったと明言しています。

 

■安定し、繋がり易い4G回線のみ

ほとんどのポケットwifiプランには、4G回線とWiMAXを選べるようになっていますが、どんなときもwifiは1種類(4G回線のみ)の提供です。

ポケットwifiの繋がり易さから考えても、スマホと同じ回線(4G回線)を使うことにこしたことはありません。

※4G回線とWiMAXの2つを提供していポケットwifiは、通常指定できないのが最近のスタンダードになってきています。

ポケットwifiの回線の種類について、詳しくはこちらへ
>>WiMAX・4G・LTE・BWAの違いは?一人暮らしに一番おすすめなwifiはどれ?

 

■月額料金はポケットwifi最安級3,480円!

ポケットwifi唯一の完全無制限となれば、さぞ料金が高いと思いきや・・・、

ポケットwifiの中でも最安級レベルの月額料金、3,480円で、夢の「完全無制限のポケットwifi」が手に入るのです。

 

どんなときもwifiの「デメリット」

続いて、どんなときもwifiの「デメリット」についてご紹介します。

どんなときもwifiのデメリットは、やはり年縛り契約により発生する解約料金です。

  • 1年以未満に解約した場合:19,000円
  • 1年以上~2年未満:14,000円
  • 25カ月目:無料

 

運営者

この解約料金なのですが、割高という訳ではなく、ポケットwifiの解約料金としては、一般的な価格設定ではあるのですが・・・

 

どんなときもwifiにお試しプランって、あったら嬉しいんだけど・・・

あなた

 

運営者

実は、全てのインターネット契約は、初期契約解除(クーリングオフ制度)ができるんです。

でも通常は、契約内容に相違があった場合などに適用されるもので、「なんとなく嫌になっちゃった!」というニーズでは解約できないんですよね~

そこで、そんな消費者を代表して、ダメもとで、サポートセンターに直接、聞いてみることにしました。

運営者
つかぬことを伺います・・・、
どんなときもwifiなんですが、お試し感覚で、初期契約解除を使ってはだめですよね?

すると、どんなときもwifiのサポートセンターからこのような回答をいただくことができました。

お問い合わせありがとうございうます。
初期契約解除はお試し感覚でも可能ではございます。
しかし、初期契約解除は違約金は発生しませんが、事務手数料3,000円+端末発送料金はお客様のご負担となっておりますので、予めご了承ください。

サポート

よって、どんなときもwifiは一般的な初期契約解除とは、違って、「やっぱりこっちのwifiの方が良いな~」というような個人的な理由もクーリングオフ対象内になる独自ルールがあるんです。

つまり、どんなときもwifiの独自ルールは、一般的には「お試しプラン」と言っても良いレベルなのです。

ただ、注意点として、事務手数料3,000円+端末発送料金が必要になりますが、解約料金(最大19,000円)と比較すれば、格安の料金ではないでしょうか?

 

もう迷ってる時間もモッタイナイので、初期契約解除するつもりで、申し込んじゃおうかしら・・・

あなた

 

運営者

そうですね!使える権利は、どんどん使ってしまいましょう!

どんなときもwifiの初期契約解除は「お試しプラン」の記事は、こちらをご参考ください
>>どんなときもwifiをお試しプランで始める方法

 

こんな人におすすめ
  1. ほぼ無制限プラン(1日で3GB、3日で10GB)では足りない人
  2. 通信容量を気にせず、思いっ切り使い倒したい人
  3. 料金は最安級が良い人(月額3,480円)
  4. 申し込んだら、すぐに使いたい人(即日発送)
  5. 8日間でもお試しプランがあった方が良い人(ゆるい初期契約解除)

>>どんなときもwifiの公式ページはこちらへ

 

2位:縛りなしWiFi

第2位

縛りなしwifi

解約料金、初期費用など一切なし!必要なのは月額料金のみ!その月額料金は最安値級の3,300円を実現!ポケットwifi選びにお悩みなら、まずは「縛りなしwifi」がおすすめです!
ポケットwifiの料金比較は月額料金ではなく「解約までの総額費用」で比較しましょう!縛りなしwifiが、どれほど格安なのか分かります!

概要
おすすめプラン 完全縛りなしで最安値月額3300円のみ
※契約から解約までの総額費用で最安値のため
※ほぼ無制限(1日2GBまで)
※初めてのwifi契約は数カ月で解約することも念頭に選ぶこと
危険プラン 縛っちゃうプラン2,800円は、おすすめしません。
※契約期間(年縛り期間):3年(ありえません)
※解約料金:15,000円(ありえません)
※クーリングオフでもwifiルーターは買取(ありえません)

 

縛りなしwifiの「メリット」

料金比較は、総額費用で!

冒頭で、ポケットwifiの料金比較は、月額料金で試算するのは危険であることをご紹介しました。

それでは、ポケットwifiの料金比較は、どのようにすれば良いと思いますか?

実は、料金比較が明確にできるのは「解約までの総額費用」で比較することなんです。

この比較は、料金に自信があるポケットwifiでは、既に取り入れていて、こんな比較表があったら、最安値のポケットwifiである証拠です。

ちなみに、上記で39,600円になっているポケットwifiが「縛りなしwifi」なんです。

つまり月額料金が、どんなに安くても、数カ月後に料金が跳ね上がったり、高額な解約料金や初期費用があっては、トータルで支払う料金は高くなってしまいます。

運営者

総額費用を試算する時のポイントは、短期間で解約する可能性も考えて「最低1カ月」ではどうなのか?も確認しておいてください。

 

なぜなら、一人暮らしを始めたあなたは、これからwifiをどのように、どれくらい使用するかなんて何も分からない状況です。

もしかしたら、一人暮らしの中でwifiを、あなたが想定しているほど使わないかもしれないのです。

以上、解約の可能性を考慮すると、一番おすすめできるのは「縛りなしWiFi」になります。

またwifi初心者など、最初のポケットwifiとして契約するのに、とてもおすすめのポケットwifiです。

縛りなしwifiの「デメリット」

 

縛っちゃうプランに気を付けて

2019年5月に「縛っちゃうプラン2,800円」が新たに追加されました。

ちなみに、こちらのプランは一人暮らしにおすすめのwifiとして紹介していません。

なぜなら、値段も安くて良さそうなのですが、クーリングオフしても端末代金は一括清算になるなど、かなりデメリットが多いのでご注意ください。

 

1日3GB⇒2GBに変更

2019年8月に、ほぼ無制限と宣伝していた「縛りなしwifi」は1日に可能な通信量を3GB⇒2GBに変更しました。

1日3GBもあれば、ほぼ無制限と言っても過言ではないのですが、1日2GBは微妙です。

とは言っても、初期費用・解約料金はかからないので、一度お試しいただいから判断しても良いかもしれませんね。

 

2020年5G回線

2019年は特に年縛り契約をおすすめしない年になります。

なぜなら来年2020年に新しい通信規格「5G回線」のサービスが開始されるからです。

現在この5G回線は通信速度や通信量が、現状よりも飛躍的に改善することが期待されています

よって、現在、お得だからと言って年縛り契約をするのは非常に危険なのです。

>>「5G」で何が変わるのか?│2020年を見据えたwifi選びとは?

一人暮らしに大絶賛!『縛りなしwifi』

初期費用0円、解約料金0円は、もうあたり前!
1.ポケットwifi最安値!月額3,300円
2.いつでも解約できる(年縛りなし)
3.wifi使い放題(速度制限あり!)

>>「縛りなしwifi」の詳細はこちらへ

こんな人におすすめ
  1. ポケットwifiの乗換が激しそうな人(解約料金・初期費用が0円)
  2. 良く分からないので、ひとまずポケットwifiを持ちたい人
  3. とにかく料金を安く済ませたい人

>>縛りなしwifiの公式サイトはこちらへ

 

3位:SPACE wifi

 

第3位

SPACE wifi

解約料金、初期費用など一切なし!必要なのは月額料金のみ!その月額料金は最安値級の3,680円を実現!ポケットwifi選びにお悩みなら、まずは「SPACE wifi」がおすすめです!
「縛りなしwifi」と比較されることが多いのですが、1日3GBまで使えるのは「SPACE wifi」だけ!
※縛りなしwifiは1日2GBまで

概要
おすすめプラン 完全縛りなしで最安値月額3,680円のみ
※契約から解約までの総額費用で最安値のため
※ほぼ無制限(1日3GBまで)
※初めてのwifi契約は数カ月で解約することも念頭に選ぶこと
縛りなしwifiとの比較
※違い
■月額料金
「縛りなしwifi:3,300円」 VS 「SPACE wifi 3,680円」
■通信可能容量
「縛りなしwifi:1日2GB」 VS 「SPACE wifi:1日3GB」

 

運営者

SPACE wifiは、何かと上記でご紹介した「縛りなしwifi」と比較されてきたポケットwifiです。

なぜなら、初期費用、解約料金が共に0円で、縛りがなく、あとは価格競争をしていた感じです。

現状は、SPACE wifiの方が380円、高いものの、1日に通信できる容量が1GB多くなっています。

 

確かに、微妙な違い!迷っちゃいますね!

あなた

 

運営者

一人暮らしでの通信容量は、日々増減があるものなので、1日何ギガ使うのかは、読みづらいところです。

ただ、1GBあたり380円と考えると、コスパ的にも非常にお得なので、縛りなしwifiではなく、SPACE wifiの選択も充分に考えられます。

 

いずれにしても、どちらのポケットwifiも、初期費用・解約料金は無料なので、迷う時間もモッタイナイですね。

ココは、初期費用・解約料金が0円のメリットを活かし、勢いで決めても良いかも・・・

あなた
こんな人におすすめ
  1. 縛りなしwifiの1日2GBの通信量では不安な人
  2. ポケットwifiの乗換が激しそうな人(解約料金・初期費用が0円)
  3. 良く分からないので、ひとまずポケットwifiを持ちたい人

>>SPACE wifiの公式サイトはこちらへ

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は「wifiがGPS代わりになる?位置情報の精度がなぜ上がるのか?」についてご紹介してまいりました。

まとめると・・・、

wifiを使うと、GPSの位置情報の精度はアップします。

またポケットwifiでも位置情報はアップします。

理由としては、wifiの電波には、位置情報のデータベースが構築されているためです。

つまりwifiの電波から取得した位置情報と、携帯電話基地局からの位置情報を組み合わせて、さらに精度の高い位置情報を割り出しています。

 

また、位置情報の精度がアップさせるポケットwifiを3つご紹介しました。

是非、ご参考ください。

ポケットwifiランキング2019下半期 メリット デメリット
1位:どんなときもwifi ・完全無制限
・繋がり易い4G回線
・繋がり易いクラウドSIM
・最安級の月額料金3,480円
・解約料金:最大19,000円
・初期費用:3,000円
2位:縛りなしWiFi ・解約料金・初期費用:0円
・最安級の月額料金3,300円
・無制限ではない
・1日2GBまで

・回線が選べない(4GかWiMAX)
3位:SPACE wifi ・解約料金・初期費用:0円
・最安級の月額料金3,680円
・無制限ではない
・4G回線:1日3GBまで
・WiMAX:3日で10GBまで
・回線が選べない(4GかWiMAX)

ポケットwifiのおすすめ記事はこちらから!
>>一人暮らしが選ぶポケットwifi!2019下半期【徹底比較】

-wifiのノウハウ
-, ,

Copyright© 一人暮らしのおすすめポケットwifi生活│格安インターネット2019 , 2019 All Rights Reserved.